結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

ミルクに湯冷ましは必須アイテム!作り方や持ち運び、保存の注意など!

更新日:

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんにミルクをあげる時、湯冷ましを活用すれば効率的に作る時ができるので、少しでも大変な育児を楽にすることができます。

一回一回お湯を沸かしてミルクを作るのはまだいいですが、人肌に冷ますのに結構な時間がかかります。赤ちゃんが泣いてしまっていると焦りますし、夜中の授乳では少しでも時間はかけたくないものです。

とは言っても赤ちゃんに与えるミルクだから、衛生面や温度はしっかりと管理したいですよね。この記事では育児の負担をできるだけ少なくするために

  • ミルクの湯冷ましの作り方
  • ミネラルウォーターはどうなの?
  • 湯冷ましを使ったミルクの作り方
  • ミルクの湯冷ましの持ち運び
  • ミルクの湯冷ましの保存方法

について見ていきたいと思います。育児にゆとりが出ると赤ちゃんとの時間がたくさん取れるようにもなります。できるだけ楽にできるようぜひ参考にしてください!

ミルクの湯冷ましの作り方

湯冷まし

ミルクは人肌に冷まさなければいけないとは言っても、初めから冷たい状態だと粉が溶けず上手にミルクが作れませんし、衛生上もよくありません。

粉を溶かすためにはある程度の温度(70度以上)が必要です。ミルクを作る時には一度沸騰させたものを少しおいてから作るようにします。

ただ、70度と言っても温度計がなければ測ること自体難しいし、沸騰後にしばらく置いておくとしても忘れちゃってぬるま湯になっていたり・・とこれがなかなか難しいんですよね。

そんな時はミルクを作る時は湯冷ましを作っておく方法がおすすめです。湯冷ましはただの水ではもちろんなく、「一度沸騰したお湯が冷めたもの」です。

 

湯冷ましの作り方

  1. やかん、もしくは鍋で水道水を沸騰させる
  2. できれば5分沸騰状態を維持する
  3. 保存容器に入れて保管する

水道水には塩素が含まれていますが、一度沸騰させることで塩素を揮発させることができます。保存方法については注意があるので後述します。ぜひ後半を見てくださいね。

 

ミネラルウォーターはどうなの?

湯冷ましといえば、代わりとして思い浮かぶのがミネラルウォーター。売られているものなら衛生面や塩素も大丈夫では?と考えがちですがミネラルウォーター基本使わないようにしましょう。

正確にいうと使ってはいけないものではないですが、選び方を間違えると赤ちゃんに負担がかかります。

なぜかというとミネラル分が多いから。ミルクには赤ちゃんにとって必要なたくさんの栄養素が入っています。

水道水と粉を合わせることで母乳に近い成分になるよう作られているので、ミネラルウォーターに含まれるミネラルは逆に必要のない栄養素なのです。

使う場合はきちんと選ぶことが大切です。赤ちゃんのミルクに使うなら硬度が低いものを選ばなくてはいけません。水によって硬度は様々。1リットル300mg以上のものは使わないようにしてください。

水道水は塩素が心配だし、ミネラルウォーターは硬度が心配・・そんな時は赤ちゃん用の水を使うと安心です。赤ちゃん用の水は「純水」が使われています。

ドラッグストアやアカチャンホンポなどに行くと見かけるので、よく行く店舗においてあるかどうかもチェックしておきましょう!

湯冷ましを使ったミルクの作り方

ミルク

湯冷ましがあればミルクを簡単に作れて、冷ましやすいのでとってもおすすめ。

湯冷ましを使ったミルクの作り方は・・

  1. 粉ミルクを溶かすためにお湯を必要量の半分入れます。
  2. 粉ミルクをしっかりと溶かします
  3. あらかじめ作っておいた湯冷ましを入れる
  4. すぐにいい温度のミルクが出来上がり!

お湯と湯冷ましの配合がポイントなんです。なんども作って行くうちにだんだんと慣れてきて、ベストな配合量がわかってきます。

電気ポットは調乳用の70度がついたものがありますのでお湯はポットで作っておくといつでも使えるので便利です。なければお湯を沸かしたら保温できる水筒に入れておきましょう!

また、最近はウォーターサーバーも家に導入しやすくなっていますね。お湯も水もいつでも使えるので超便利。

もし粉ミルク用にウォーターサーバーを考えているなら「赤ちゃん専用(純水)」のものをおすすめします。

ミルクの湯冷ましの持ち運び

普段は母乳を与えていても、外出時にはミルクが便利な時だってあります。そんな時にお湯だけ持って行ってしまうとなかなか冷めずに苦労することに・・。外出先で水道施設があるとは限らないので必ず湯冷ましを持ち運ぶようにしましょう!

持ち運びに適したもの

  • しっかり蓋ができるもの
  • 保温ができる水筒

お湯と湯冷ましの2本を持ち歩きましょう。

水筒は保温力が高いものを選んでください。途中で温度が低くなってしまうとミルクがうまく作れなくて困ります!

水筒によって保温力が違うということを実感したのは「山専ボトル」を購入したこと。サーモスの水筒なんですけど、こだわりの強い私の夫が仕事用に選んで購入。

仕事に山専用ボトルいる?と思いましたが、その保温力はさすがでした。朝一番に入れた熱いお茶が、遅い帰宅でもまだ熱い!自分の水筒と比べてみると全然違いました。

ま、赤ちゃんに山専用ボトルがいるのかはわかりませんが、頼りない水筒だとすぐに冷めてしまうので注意しておきましょう。
THERMOS 山専ボトル サーモス ステンレスボトル FFX-500 ライムグリーン

よく使う水筒なら、パッキンなど後から買い足しやすいサーモスや象印のものがいいと思います♪

ミルクの湯冷まし保存方法は?

ミルクを冷ます

湯冷ましは殺菌してくれる塩素が沸騰により抜けてるわけですので、時間がたてば菌が増殖してしまう可能性があります。理想としては一回づつ作って処分することが望ましいですが、それもなかなか難しいので最高でも1日、できれば半日くらいで作り直すようにしてください。

それから注意してほしいことは、湯冷ましの保存にペットボトルを使わないことです。

ペットボトルの再利用は有害物質が出ると言われているのでやめましょう。また、どうしても中が洗いにくいのは確かです。もともとなんども使うために作られたものではないので、特に未熟な赤ちゃんに飲ませるミルクに使う湯冷ましを入れるのは危険です。

まとめ

ミルクに湯冷ましは必須のアイテム!改めて湯冷ましについてまとめてみました。

とても便利なので、いつも用意しておきましょう!

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.