結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠 妊娠中の食事

つわりで食べ物を受け付けない!そんな時の工夫と食べやすい物とは?

更新日:

つわりで食べ物を受け付けない

Pexels / Pixabay

つわりで食べ物を受け付けない時期は、キッチンに立つのも億劫という時もありますよね。そんな何も食べたくない気分でも、何もしたくない気分でも、お腹の赤ちゃんのためにできるだけ頑張って食べたいと言うのがママの気持ちだと思います。

そんな時期に食べやすい食事や食べ物とはどんなものでしょうか?つわりで食べ物を受け付けない時でも食べやすいものを紹介します。つわり中でもこれだけはできるだけとっておきたい栄養も合わせてお伝えします。

ストレスにならないように過ごすことができるよう、参考にしてもらえればと思います。

つわりで食べ物を受け付けない時の工夫

Pezibear / Pixabay

つわりの時期は吐き気が出る人が多いので、同時に食べ物を受け付けない状態になることが多くあります。今まで食べていたものや好きだったものが嫌いになったり、ある食材だけがやたらと欲しくなったり。匂いにも敏感になります。

でも、お腹の赤ちゃんが育つためには栄養が必要。そんな思いもあり、食べたいと頑張っているママも多いと思います。

つわりで食べ物を受け付けない時、どういう対策をすれば良いのでしょうか??自分自身の経験から、以下のような食べ物や食べ方が効果的でした。

  • 調理なしですぐに食べられるものを用意する(パン・クラッカー・シリアルなど)
  • 喉越しの良いものを用意する(ゼリーなど)
  • 1回に少しづつ食べるようにする
  • フルーツを用意する

キッチンに長時間たたないよう工夫するには入れるだけ、開けるだけの食べ物が良いです。でもそうは言っても受け付けないものは受け付けない。そんなときはゼリーなどの喉越しの良い食べ物を用意してください。やっぱりゼリーとかは食べやすいです。

量も一度の食事で終わらそうとせず、少しづつ分けて食べるようにすれば無理なく食べられます。

どうしてもつわりで食べ物を受け付けない場合は、飲み物もおすすめです。飲み物については別の記事で紹介しています。

結婚7年目
結婚7年目は何婚式?離婚も増えるって本当?プレゼントを贈りあってもっと仲良く!

結婚生活もようやく7年目。 7年目にも婚式にきちんと名前(呼び方)があります。 でも7年目は離婚が増えるって聞くことありませんか? そこで今回は結婚7年目の婚式の呼び方と、お互いにもっと仲良くなるため ...

続きを見る

次は、つわりの時も食べやすい食べ物についてもう少し掘り下げてお伝えしていきたいと思います。

つわり時に食べやすい食べ物

つわり時に、赤ちゃんのために食べなくてはいけないと言う思いはあると思いますが、考えすぎ、頑張りすぎはストレスになってしまいます。妊娠初期のつわりの頃はまだまだママには栄養が蓄えられているので、食べられなかったと言っても胎児に影響があることはほとんどありません。

食べないとダメ・・!という考えはやめ、無理のない範囲で、食べやすいものを食べるのが一番です。食べれる気分になったら次のような食材を選ぶと良いですよ。

つわり時期に食べやすいものとは?

トマト

KlausHausmann / Pixabay

つわり時期に食べやすいおすすめの食材はあっさりしたものです。トマトや果物を使った食事や食材を選びましょう。凝った調理はいりません。

トマトはそのまま冷やして食べても美味しいですし、食べる時の手軽さや酸味がつわりママにはおすすめです。また、水分を多く含んでいるため、脱水症状予防にも一役買ってくれます。

果物もむくだけで食べれるものが沢山あります。バナナは栄養価も高く、手軽だし価格もお手頃。おすすめです。果物には糖分がありますが、食べたくない気分のママは何か食べることが重要ですので、つわりの時期はそこまで気にする必要はありません。バナナ以外に、オレンジやグループフルーツ、リンゴやスイカ、みかんなどを食べてみましょう。

 

つわり時期は自分にとってストレスになることは避け、できるだけしんどくならない調理方法で毎日の食事を食べるようにしましょう。妊娠自体つらいものだと言う印象になるのは寂しいことです。限られた妊婦生活をできるだけ楽しみましょう。

つわり中でも、妊娠中にとっておけばいろんなリスクを軽減できる栄養素である「葉酸」について次に説明しますね。

つわり中に必須の栄養素

葉酸

kkolosov / Pixabay

妊娠中に必要な栄養素第1位は葉酸です。妊娠中は葉酸を1日480μg摂取することが推奨されているんです。もちろんつわりのある妊娠初期にも必要な栄養素となります。

葉酸を摂取することによって、いろんなリスクを軽減することができるといわれています。

お腹の赤ちゃんの神経系障害の発症リスクを低下させることが出来ます。また妊娠中は血圧が高くなりやすいですが、葉酸は血圧上昇を抑える事ができます。さらに流産も防止してくれるなど妊娠中に嬉しい効果がいっぱい。ママの美肌にも役立つんですよ!つわり中でつらい時期でも、妊娠中は特に葉酸を含む食べ物を積極的にとるようにしましょう。

葉酸は枝豆やブロッコリーやほうれん草、いちごなどに含まれています。ただ、食品からの葉酸は吸収率が悪いので、食品からとサプリメントの両方で摂取することが推奨されています。つわりがつらく、葉酸を含む食材を調べられない!というママは葉酸を含むサプリメントを使って葉酸補給を行うことも考えましょう。

少しづつでも食べれるようになれば良いのですが、稀につわりで食べない時期が長く続き、さらに吐いてどんどん体重も減っていくという場合があります。そんなときはどうすれば良いのでしょうか?

つわりで食べ物が食べられなくて体重減少

体重計

TeroVesalainen / Pixabay

基本的に、つわり時期にあまり食べ物を口にすることができなかったとしても、体に蓄えられている栄養素や少しづつ食べる食事で間に合うことがほとんどです。でもあまりのつわりで食べられない、吐いてしまうが続いてしまう人がいるのも事実。体重がどんどん減っていくと言うケースがあります。

そんなときはかかりつけの医師に必ず相談してください。

やはり母体の栄養不足が続いてしまうと胎児に影響はありますし、対策が遅れてしまうと大変です。早めに医師に相談することで点滴など適切な処置を受けることができます。

あまりにもつわりで食べ物を受け付けない時期が長く続いた場合は、自己判断をするのはやめて早めに病院に行きましょう。

まとめ

つわり中は、何もしたくない、料理なんて…と思いながらも頑張りたいママはいます。無理のない範囲でご紹介したあっさり野菜や果物を食べて、少しでもつわりのつらさが軽減されることを祈っています。

何も食べないことが1番良くないので、ママに合った食べ物を探してみてください。また葉酸は妊娠中に必要な栄養素なので、毎日欠かさず摂取できればなお良いでしょう。

-妊娠, 妊娠中の食事

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.