結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠

友達の妊娠が喜べない私・・そして自己嫌悪。妊活中の体験談と脱出法

投稿日:

喜べない心境

Flachovatereza / Pixabay

友達の妊娠が喜べない自分・・喜べないどころか、辛い。そしてその上、そう感じてしまった自分が嫌・・。妊活中の体験としてこんな状況になることは多くあります。

自己嫌悪に陥り、さらに悩むこととなる場合も多いのですが、これって本当にダメなことなんでしょうか?この記事では

  • 友達の妊娠が喜べない気持ちになったOさんの体験談
  • そんな自分はいけない?気持ちの整理をしよう
  • 自己嫌悪から脱出する方法

についてお話しします。私も同じ気持ちかも・・そんな女性に、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

友達の妊娠が喜べない私ってひどい?

体験

kaboompics / Pixabay

まずは妊活をしていたOさんからいただいた体験談をご紹介していきます。

Oさんは二人目を妊活中に、自分よりも一人目が遅かった人にどんどん二人目の妊娠報告をされたことが辛く、かなりのストレスだったと体験談を語ってくれました。

 

・・・・・・・

私が二人目妊活中にかなりのストレスになったのは、周囲の妊娠報告です。一人目の子育てがそこそこ安定し幼稚園に入った頃、そろそろ二人目を・・とそれなりに意識して夫婦生活を送っていました。でも、自分が思うほどすんなり二人目の赤ちゃんができなかったんです。

一人目の子育て中に、同じ年齢の子をもつママ友もたくさんできました。ほとんどの人が一人目で、二人目どうする?なんて会話も出たりしながらそれなりに楽しんでいたのですが、ママ友が楽しそうに「妊娠したよー!」と報告をしてくることが出てきました。

二人目が欲しいとかまだいいやとか会話はしていましたが、周りの人は私がすでに妊活中でなかなかできず悩んでいることなど知りません。

だからママ友や友人は遠慮なく妊娠報告してきます。普段からいろんなことを話しているので、子供ができたら妊娠したよと伝えてくれることは当たり前だし、逆にお腹が目立つまで妊娠報告がなければそれも嫌な風に捉えてしまうと思います。

でも、妊活していてなかなか二人目ができなかった私にとっては心の中で「私はできないのに…」とどうしても思ってしまいました。でも、そう思いながらも必死に笑顔をつくり「良かったね!」と言う自分もいて、思いと口から出る言葉の差にも自分で自分を処理できず本当に大変でした。

私の妊活が長引いたせいで周囲の妊娠報告を受けることが多く、どんどん辛くなっていきました。私はそんな自分への対策として、思いきってあまり他のママ友と会わないようにしました。

具体的には幼稚園の子供のお迎えをバス送迎にしたり、わざと時間をずらすなどし、会話をしないですむようにしました。会ってしまうとどうしても辛くなったり、悪くない相手のことを恨んでしまったり、余計に自分でも嫌になると思ったのです。

治療を続けている期間は長く、自分の感情がコントロールできずしんどい期間も長かったですが、無事に二人目を授かることができてからは、徐々に普通に戻れるよう意識して過ごしました。自分が避けてきた友人にも妊娠報告をし、今ではまた笑って過ごすことができるようになりました。

もしかして、友人も私の切羽詰まった感情を理解していたのかもしれません。避けていた期間のことも何も言わずともわかってくれている気もします。

不妊治療はした本人しかわからない辛さがありますし、友人の妊娠が喜べない自分に対して自己嫌悪に陥ることもありますが、そんな自分も自分だと受け入れることが大切だったのではないかと今では思います。

・・・・・・・

 

Oさんが妊活中につらかったのは、友人の妊娠報告だったのです。本来喜んであげるべきだと考えているのに、素直に喜べないなんて、なんてひどい自分なんだろう・・。そんな気持ちも持ってしまい自己嫌悪に陥ってしまったんですね。これっていけないことでしょうか?

人の幸せを喜べない自分はいけない?
まずは自分の感情を整理しよう

気持ちの整理

Polymanu / Pixabay

自分が妊娠したいと思っていてもできないのに、人がすんなり妊娠できてしまう・・。初めのうちは「いいな」と言ううらやましい気持ちだけかもしれませんが、自分ができない期間が長くなり、その間にたくさんの妊娠報告を聞いてしまうと、今度は「憎い」感情も出てきてしまう。

でも、自分だって一人の人間だからそんな感情も持っています。したいこと、欲しいこと、やりたいこと、うまくいかないときは誰だっていろんな思いがあります。

「そんな感情を持つ自分を嫌な奴=自己嫌悪」を感じてしまうかもしれませんが、実は「自分の中に優しさがあるから自己嫌悪に陥る」のです。

自分のその時の気分によっても左右されたり、置かれている状況で意見が変わることは仕方のないことです。妊娠したいと感じているから、友達の妊娠報告が辛く喜べないことはそれも自然なことだと思います。

あれこれ悩んでしまいますが、まずは自分の感情を整理してみましょう。自分を分析することで、冷静に対処できることもあります。

■自分の気持ち■

  • 置いていかれている気分
  • 頑張りがうまくいかないストレスたまる
  • 嫉妬
  • 自己嫌悪
  • こんなに頑張ってるのにできない
  • なぜ普通に授かれないのだろう
  • 不妊治療が辛い
  • 羨ましい
  • 悔しい
  • 原因は自分じゃないか

■状況の変化■

  • 生理が来て沈んでる日に妊娠報告があった
  • 旦那が好きだから子供が欲しいのに
    妊活をきっかけい旦那との仲が悪くなりがち
  • 長い付き合いの友人なのに、会うことすら辛い
  • みんなが友達の妊娠をお祝いしているから
    不妊治療をしていることを言い出せない
  • いっそ離婚した方が幸せじゃないかと考える

まずは自分の思いをきちんと把握しましょう。

自分の感情が整理できてない時はなんでも辛くしんどくなりがち。なぜ、嫌な気持ちなのか。そして、その辛いところや思うところをできるだけ軽くするのです。

自己嫌悪から脱出する方法

希望

Pezibear / Pixabay

素直に受け取る

相手の妊娠が辛い?関係を悪化させるわけにはいかないので、おめでとうと一言伝えることは必要ですが、そんな時はくそ〜ー!悔しい!と感情のまま思ってしまいましょう。

正直なところ、素直に喜べないのは当然だと思います。それが人だと思います。先ほどもお伝えしたように自己嫌悪に陥るということは、優しいからです。

嫌味を言うわけでもなく、自分の中の感情なら、素直に喜べないくらいどんと自分を受け入れてあげましょう!

不妊治療や妊娠できないことを
伝えるかどうかを決める

自分の状況を友人に話す?話さない?迷いがあっては相手も、自分も、状況にあった対応ができません。

自分が決めかねていることは、相手にとってはもっとわかりません。なかなかできないことを知らないなら、妊娠報告もあります。

不妊治療をしている!と友人に伝えておいた方が楽だったと言う意見もありますし、逆に辛さをわかってもらえないから言わないと言う意見もあります。

自分の中でどちらの方が良いか?決めてしまえば、後の対応に迷うことは少なくなります。

友人とは少し距離を置く

これまでいろんなことをお互いに話していた友人だから、会ってしまうといろんな話題になってしまうし、仲がいいからこそ妊娠の話も出たりします。だから、Oさんのように少し距離をおいた付き合いをしていくのも手です。

メールだけのやり取りでとどめておく、体調などを理由にお誘いには乗らない、何回かに一回かは断るようにする・・など自分の中で友人との良い距離感を探るようにしてみてください。

無理をして付き合うことで、嫌味を言ってしまったり、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。友人なら、きっとあとでわかってくれる時がきます。気持ちが落ち着き次第、付き合いも再開できるはず。今は自分の感情に正直になれるよう、調節しましょう。

旦那さんとたくさん話し合う

友達の妊娠報告が喜べない場合、自分のことも責めがち。妊娠できない原因は自分じゃないか・・それなら離婚して次の人と結婚して!なんて旦那さんに言ってしまう人も少なくありません。

旦那さんは、子供のためではなくあなたが好きだから結婚したはず。妊娠するまでにどんな風に過ごすか。治療はするのか。セックスの頻度はどうするのか。などなど、しっかりと夫婦で話し合ってお互いが協力しあえるような環境を作りましょう。

旦那さんとの関係が良好ならば、妊活の大敵「ストレス」をなくすことができます!

病院へ行く

妊活と言っても病院へ行かず、自分で頑張っている人もいます。不妊治療をやめたら赤ちゃんができたということも聞いたりしますが、病院に行くことでいろんなアドバイスを受けることができることも事実。

妊娠する確率は増える可能性もあるので、治療を受けてみるのもいいと思います。

相手には悪意はないことを理解する

妊娠報告をして来た友達に悪意はあったでしょうか?きっとないはずです。自分に起こった事実をそのまま伝えているだけだと思います。

悪意はないから、自分の状況を話したらわかってくれると思いますし、逆に自分でやってよかったことを教えてくれるかもしれません。状況を伝えず、会うと辛い場合でも、相手に悪意がないことを考えることができたら、程よい距離感でうまく付き合っていけると思います。

妊娠は奇跡

私が学生の時の保健体育の時間で、「妊娠は奇跡が重なって起こる神秘的なもの」と習ったこと、今でも覚えています。そもそも妊娠は奇跡的なもの。タイミングや体調、気持ち・・・などなどいろんなタイミングが重なって起こるのです。

今はその奇跡の起こる確率を高めようとしている時期。まだ、自分にとって奇跡のタイミングがきていないだけと気持ちを切り替えましょう。

同じ気持ちの人はたくさんいる

そして、友達の妊娠報告を聞いて喜べないと感じている人、不妊治療で悩んでいる人・・同じ気持ちの人はたくさんいます。

自己嫌悪になるのも自分だけではありません。そんな自分を素直に受け入れましょう。

まとめ

0さんの体験談から、友達の妊娠報告を喜べない状況、自己嫌悪になって辛い状況についてまとめてきました。そして、そんな自分から脱出もできます。

一人目でも、二人目でも、まずは自分の気持ちをしっかりと理解して、それからどう行動すればいいかを考えてみましょう。そうするとストレスも減って、自然と良い結果になることがあるかもしれません。

今は辛いけど、今の状況が懐かしく思える時がきます。妊活中だからこそ、自分のこと・友達のことを受け入れつつ、気持ちの整理をしながら気持ちの良い生活を心がけましょう。

-妊娠

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.