結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

生後1ヶ月の外出はどこから始めてどれ位OK?時間や頻度などまとめ

更新日:

赤ちゃんの外出

Pexels / Pixabay

出産してから1ヶ月。長かったような、あっという間だったような。私にはとても長く感じたので、やっと生後1ヶ月か・・と思っていました。少しづつ育児に慣れてきて、赤ちゃんもお腹の外の世界に慣れてくるころ。まだまだ連れて歩くには早いけど、そろそろ1ヶ月を目処に外出できるかな?と考え始めるママも多いと思います。

この記事では

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出するポイントとして、

  • 外出はどこから始める?
  • 外出する時の時間はどれくらい?
  • 外出する頻度は?
  • 外出する時の注意点は?

以上の4つのポイントについてまとめていきます!赤ちゃんと一緒に外出したいと考えてるけど、ちょっと不安・・というママは事前に読んで参考にしてくださいね!

生後1ヶ月の外出はどこから始める?

ベランダ

TaniaVdB / Pixabay

新生児期は赤ちゃんを連れて外出することはできるだけ避けてきたママも多いと思います。これまでの外出といえば検診や、二人目以降であれば上の子の用事でどうしても仕方なく連れて行くくらいだったのではないでしょうか?

まだまだ小さい赤ちゃんと外出していいの?と感じますが、赤ちゃんが1ヶ月検診を受けて問題がない場合少しづつ外出を初めてもOKです!

ただ、いきなり長時間・人混みのところに連れて行くのはNGです。

生後1ヶ月の外出の始め方は近くてお手軽なところから始めることがポイント!外出というとショッピングや外食などを思い浮かべるかもしれませんが、まだ赤ちゃんは体の機能が未熟で免疫力も少ないので赤ちゃんも、ママも外出に慣れるために近くてお手軽なところから外出を始めてください!

例えば・・

  • ベランダ
  • 玄関先
  • 近所の公園までお散歩

ベランダや玄関先だと持ち物を気にすることなく外出を始めることができます!まずは外の空気を吸わせてあげましょう。グズグズ言ってた赤ちゃんも、お外の空気や雰囲気で不思議と泣き止んだりします。

次のステップは、地域の公園。もちろん遊具で遊んだりすることはできませんが、遊んでる子供たちの声はきっと聞こえています。ママにとってもリフレッシュできるのではないでしょうか?

季節によってはゆっくりできる気温ではないかもしれませんが、公園までのお散歩はとてもおすすめです。

お店にはたくさんの人がいたり、空調がきいていることもあるので、これらのことが慣れてきた頃から行くようにしてくださいね。

生後1ヶ月の外出は、お出かけするというよりも、外の空気に触れるという外気浴くらいのイメージでゆっくりと進めて行くことが大切です。

生後1ヶ月の外出時間

公園

summer_kwak / Pixabay

生後1ヶ月の外出は手軽なところから始めますが、時間的にはどれくらいで進めていけばいいのでしょうか?これも、少しづつがポイントですので初めは長くて5分程度から初めてください。

ベランダにまずは出てみて、赤ちゃんに話しかけながらまずは2分程度から。次に、玄関先に出てみてご近所さんとお話→5分程度。近くの公園までお散歩→10分程度。この辺りが慣れてきたら近所の公園までお散歩して、公園でちょっとゆっくりしてみたり、距離を伸ばしたりしてみましょう。

外には見えませんが、ホコリだったり、車の排気ガスだったり、季節によってはきつい日差しや紫外線があります。赤ちゃんにとってはちょっとのことが刺激になったりしますので、外出時間も2分程度から、少しづつ慣れさせてあげてくださいね。

生後1ヶ月の外出頻度

外出

Alexas_Fotos / Pixabay

私の長女が生後1ヶ月の頃、とても泣くことが多く本当に疲れ果てていたのですが、ちょっとベランダに出るだけでころっと泣き止んでたりしてました。すぐに家に戻れるベランダや玄関先に少し出る程度なら、生後1ヶ月検診でOKが出ているなら毎日出ても大丈夫でしょう。

ただ、生後1ヶ月はまだまだ外出に慣れるための時期です。毎日外出することは逆に赤ちゃんにとって負担になることもあります。少し距離を伸ばしたり時間がある程度必要な外出は頻度として多くて2、3日に1回程度にしておきましょう。

そして、外出するにあたっては赤ちゃんの体調が一番。少しいつもと違うな?とかんじるところがあるなら外出を控えて様子を見るなどしてくださいね。

外出は生活リズムを整えたり、抵抗力がついたり、リフレッシュしたりとよい事もいっぱいですが、まだ生後1ヶ月。無理はいけません。

外出時遠出をするときの注意点

妊娠線

PublicCo / Pixabay

少しづつ外出に慣れて行くというのが理想でも、そうもいかない場面も出てきますよね。二人目以降の赤ちゃんなら尚更です。そんな時は

  • 持ち物
  • 季節

に注意して外出するようにください。

赤ちゃんとの外出は慣れていないと大変なのに、荷物も多くなります。想定外のことが起こったり、あってよかった!持ってきたらよかった・・など本当に色々思います。

持ち物については別の記事で詳しく書いているので、そちらを参考にしてもらえればと思います。

また、季節による違いにも注意が必要。赤ちゃんは体温の調節機能が未熟で上手にできません。それぞれに外出のポイントがあるのでお伝えしておきますね。

季節が良いと思いきや、日差しが強い日もあったり、ちょっとひんやりする日もあったりと気温が安定しない日々が続きます。

その日の気温をしっかりと見極めてから外出するようにしましょう!

夏は日差しが強いです。あまりに暑い日は外出を避けましょう。赤ちゃんは汗かきなので、外出の際は汗をかいていないかのチェックをし、服が濡れているようなら着替えをさせてあげましょう。

建物内に入る時は、クーラーで冷えますので温度調節をしてあげるように心がけてくださいね。

秋も春と同様気温が日によって違ったりします。持ち物を工夫して暑い時・寒い時の対応ができるようにしておいてくださいね。

寒い日でも建物内はあったかくなっています。赤ちゃんは汗かきなので知らない間に汗をかいてしまっていることもあります。冬だけどしっかりと汗のチェックはしてくださいね。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出は慣れていないと大変です。赤ちゃんのことも気にかけなくてはいけないし、たくさんの荷物もあります。取り出す機会が多いお財布や携帯などを同時に扱う必要があります。

色々大変なので、まずは時間にも余裕を持って、お散歩の距離や時間の外出で赤ちゃんとのお出かけに慣れていきましょうね。

編集後記

私にとって、1ヶ月検診で外出を許可された時、やっとこの時がきた!という感覚でした。少しづつではあるけど、外出を一緒にできることで楽しみも広がりそうだったからです。

ママもリフレッシュが必要。のんびり赤ちゃんとベランダにでる事から外出をはじめ、気分を変えてみてくださいね。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.