盲導犬パピーウォーカーボランティアの条件とは?

パピーウォーカーやりたい!そう思ってもどんな人が?どうやってパピーウォーカーを引き受けることができるんだろう?って気になりますよね。

実は盲導犬のパピーウォーカーのボランティアを始めるにはいくつかの条件があります。

この条件をクリアしていない場合はボランティアができない場合もあるんです。

この記事を見ることでできるかどうかわかりますので、条件が合うかどうか?合わすことができるかどうか?などチェックしてみてくださいね。

盲導犬パピーウォーカーの条件とは

パピーウォーカーになるための条件は10項目あります!私の受け入れ先の訓練所の場合はこちら。

  1. 家族全員が賛成していること。
  2. 子犬を一人にする時間がほとんどないこと。
  3. 家に犬のトイレスペースを用意できること。
  4. 朝と夕方にお散歩にいく時間をとってもらえること。
  5. 普段お世話する人が車の利用が可能なこと。
  6. 室内で飼育することができること。
  7. 小さすぎる赤ちゃんがいないこと。
  8. 既に犬を飼っていないこと。
  9. 月に1〜2回の盲導犬協会に行けること。(講習会や検診等)
  10. 月に5000円の負担(PW期間10ヶ月分の寄付で5万円)ができること。

※訓練所や協会により条件の違いあり

 

どうでしたか?

どの条件もクリアできそうかな?

パピーウォーカーやってみて、これらの条件は確かに必要だなと感じています。

細かくは別記事にまとめるので気になる記事を読んでみてくださいね!

条件を満たしていないと絶対ダメなの?

最終的には申し込む訓練所や盲導犬協会の判断になります。上記の私が申し込んだ訓練所の規定なので、違いがあるかもしれません。

この辺り微妙だな?と思う条件がある場合は問い合わせをしてみるといいですよ!

場合によっては可能だったり、解決策を提示してもらえたりする可能性があります。

まとめ

盲導犬パピーウォーカーになるための条件、あなたの場合はどうでしたか?

私は「働きに出ていないこと」がずっと条件が合わずでしたが、パートを辞めて全ての条件が揃いました。

できるかできないか?もあるけど、条件に合わせられるか?というのもパピーウォーカーになるためには重要になってきそうですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました