結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

おむつがにおわない捨て方!外出先でも手軽ににおい対策できる方法!

更新日:

おむつ

shara_tissi / Pixabay

赤ちゃんが生まれてすぐから3歳くらいまで毎日使うおむつ。新生児の頃はおしっこもウンチも1日に何回もするけれど、一回の排泄量は少なくあまりにおいもなかったと思います。

でもだんだん成長するにつれて気になりだすにおい・・。オムツ替えの回数は減ってきても、おしっこやウンチも成長してきていっちょまえのにおいを出すようになります。

で、一度は気になるおむつ専用ゴミ箱。どうしようかな?買う方がいいかな?とは思ったけど、そんなに金銭的に余裕な暮らしをしているわけではないし、捨てるおむつにわざわざお金をかけるのが嫌。逆に捨てるとランニングコストがかかるからもったいない気持ちになり、赤ちゃんのおむつ替えをできるだけ少なくしてしまいそうな自分も嫌だったというのもあります。

場所もとるし、しかもおむつ専用となるとカートリッジなどのランニングコストもかかるということですぐにやめました。

おむつ専用ゴミ箱は使わず、3人を育ててきながらたどり着いた、おむつの捨て方で気軽にこだわった方法をお伝えします!

おむつの捨て方!しかも気軽で無料

赤ちゃんとママ

FraKr / Pixabay

ウンチはもちろんにおうのですが、意外におしっこのにおいもきついんですよね。なんか空気自体がツンとするというか・・。

おむつがにおわないようにする捨て方にはいろんな意見があります。もちろん専用ゴミ箱に専用カートリッジをつけ、一つづつ包んでくれるようなゴミ箱は効果があるのかもしれませんが、セットの方法やカートリッジを常に購入しておかなくてはいけない部分がとても気になるところ。

カートリッジはつけないタイプのおむつ用の専用ゴミ箱で、蓋が密閉できるタイプのものもありますが、結局それでは開けるときに開けるたびに、におう。

溜まったゴミを下から出せるなどの工夫はしてありますが、私にとってはわざわざ買うまでには至りませんでした。

やっぱり、毎日・数年おむつは出るものだから、経済的で簡単なのがいいと思うんです。なんだかんだとやってきて私の一番良かった方法は・・・

新聞紙+ビニール袋

ビニール袋はなくても大丈夫。新聞紙だけでも効果は絶大ですよ。

新聞紙は一回一回取り出すのはとても面倒なので、このようにして吊り下げておきます。

おむつの捨て方

新聞紙を広げた状態で4等分の大きさです。1日分の新聞だったら広げた状態にしなくても切れるくらいの厚さなので簡単です。端に穴を開け、紐で輪っかを作って完成!

少し時間があるときにこれさえ作っておけば、欲しいときに一枚ずつ取れてものすごく便利です。

新聞紙のインクには消臭効果があるようで、くるくるっときちんと包めばにおわなくなります。大きさ的にもちょうどいいんです。

できればその上からビニール袋に入れて結んでおけばもう完璧。毎日出る生ゴミのゴミ箱に入れておいて、いつもの生ゴミと一緒のように処理すればにおいは全然気になりませんでした。

おむつの時期が終わっても、この新聞紙の吊り下げ方法はとても重宝していて、生ゴミを捨てたり、油を吸ったり、汚れたフライパンを吹いたりととても便利。トイレに置いて生理用品を包むのにも便利です!我が家ではいつも冷蔵庫の側面にある状態を作っています。

ジップロックに入れる・ベランダにゴミ箱を置く、トイレにゴミ箱を置く・・などいろんな意見がありましたが、このおむつの捨て方を使えば特別なことをしなくてもにおうことなくおむつ時代を乗り越えることができました!

おむつの捨て方!外出先では?

お出かけ

3dman_eu / Pixabay

困ったのは外出先ですね。新聞紙まで持っていくの?と思ってしまいますが、できればきちんと折りたたんで持っていくと便利。でも新聞紙までは・・という場合は小さいビニール袋と大きめの袋を用意しておけば大丈夫です。

見た目とにおいの心配を考えると、マナーとしても外出の時だけ専用の袋を使うのもおすすめです。

このような商品が売ってます。

使用済みおむつ用の消臭袋はたくさんの種類があって、もっと高価で効果的と思われるものもあります。

上の商品と同じ種類の携帯版もあります。少し割高にはなりますが、ポーチに入る大きさなので外出先では便利ですね。最近は使用済みおむつ専用のゴミ箱をおいてくれてるお店もありますが、やはり基本は持ち帰ることになると思います。

専用のものでなくても、外出には使用済みおむつを入れる袋は必須です!

おむつを捨てる時
におい消しに使えるもの!

コーヒー

Pexels / Pixabay

新聞紙とビニール袋でほとんどにおい対策はバッチリですが、家で気軽にできる消臭方法もお伝えしておきます!

コーヒーかす

レギュラーコーヒーを淹れたら出るコーヒーかす。これをゴミ箱に一緒に入れるだけで消臭効果があります!

思ったよりも効果があったという声が多く、コーヒー好きならついでに消臭ができてしまいます!

重曹

最近はエコ掃除をしている人も多いのでは??

重曹が家にあったら消臭に使えます。

  • 直接おむつのにおう部分にふりかける
  • ゴミ箱の中にふりかける

重曹はにおいを吸収してくれるので何も考えずにふりかけるだけ!(笑)簡単ですよね!

ふりかける量に決まりはなく、まだにおいがするな?と思ったら量が少なかったということ。ふりかけ過ぎても特に有害なものは出ないので、多めに使ってみながら、だんだんと減らしてにおわない量を使っているうちに学びましょう!

まとめ

おむつ専用のゴミ箱はコストがかかるだけでなく、リビングなどに置いていると、赤ちゃんが成長した頃にさわったりしてしまう可能性もあります。

生ゴミはどうしても毎日出るもの。それと同じように管理できれば気にかける部分も一箇所で済むので楽ですよね。

家にあるもので、しっかりにおいを気にすることなくおむつを捨てることができれば経済的。試して見るのもお金がかかるわけではないので、一度やってみてくださいね!

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.