結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠 妊娠中の食事

妊婦に良い食事って?特に必要なのはこの3種!意識して献立を決めて

更新日:

妊婦に良い食事

brusalvate / Pixabay

妊娠中のママはお腹に大事な命を預かっています。お腹の赤ちゃんにも出来る限り良い物を届けるために、妊婦に良い食事を心がけたいと思われるママは多いですよね。私たちの体も、赤ちゃんの体も、食事をしなければ死んでしまうことを考えると、食べ物でできているんだと改めて感じます。

この記事では妊娠中に積極的に食べたい食事、その摂取した食事がママにとって、赤ちゃんにとってどんないいことがあるのかお伝えします。

妊娠に良い食事とは?

良い食事

tpsdave / Pixabay

妊娠していても、していなくても、健康に過ごすためにはバランスのとれた食事をすることはとても重要です。しかし、妊娠中に積極的に食べたい食事というものがあります。それは、葉酸、鉄、カルシウムが含まれるものです。

一つ一つ説明していきますね。

妊娠と鉄分

妊娠中に起こりやすいことといえば「貧血」です。お腹の中で育っている胎児に鉄分が必要なので、ママへの鉄分は後回しとなってしまいます。

鉄分は酸素を運ぶヘモグロビンの主な成分ですので、足りなくなると酸素も体をめぐらなくなります。そうなると疲れやめまい、息切れなどを起こしてしまいます。

いつもより鉄分が必要な妊娠中には、鉄分を意識して摂取しなければいけないのです。

鉄分がたくさん含まれる食品

  • レバー
  • ひじき
  • 枝豆
  • 小松菜
  • アサリ
  • しじみ
  • 卵黄
  • 豆腐

鉄分は吸収率も悪いため、吸収率アップに役立つビタミンCまたはタンパク質を含む食品と食べるように意識すればなお良いです。

鉄分が不足することで、外出時にくらっとめまいがしてしまい、もしタイミング悪く何かに引っかかり、コケちゃったりでもしたら、本当に大変なことです。

鉄分が多い食事を心がけるように意識しましょうね。

妊娠とカルシウム

お腹の中で赤ちゃんがどんどん育っていく。たくさんの臓器や皮膚、そして「骨」。この骨を育てるために妊娠中は普段よりもカルシウムが必要なのです。

体のカルシウムといえば骨や歯。ほとんどのカルシウムはここにためられています。もしも胎児の骨を育てるのにカルシウムが足りない!という場合には、骨や歯にためていたカルシウムを使うことになり、ママの骨はどんどんもろく、密度も低下していくことに。

これを私自身、本当に感じたんです。妊娠がきっかけかどうかわからないけど、1人目を産んだ後ちょっと足の指を椅子の角にぶつけたらなんと骨折。

これまでもぶつけたことがあったけど、骨が折れることもなかったので妊娠して出産したから??なんて思ってました。病院へ行って検査してみるとなんと骨の中に腫瘍が見つかりました。(良性でした)

これは本当に私自身経験したことで、妊娠中の食生活が関係してるとは言い切れませんが、今妊娠してるママにカルシウムを摂るよう本当に気をつけてと伝えたいです。

カルシウムを多く含む食品

  • ひじき
  • 小松菜
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 豆腐
  • ナッツ類
  • 海藻類
  • ごま

妊娠と葉酸

妊娠していなくても葉酸は必要なのですが、妊娠中は取るべき葉酸の量がなんと「倍」になります。妊娠したらいつも以上に、特に意識しないといけない栄養素ということですね。

普段食べている食事の中にも葉酸が含まれます。葉酸が多く含まれている食品は下記の食材です。献立に加えるようにしてくださいね。

葉酸を多く含む食べ物

  • パセリ
  • ほうれん草
  • 枝豆
  • 菜の花
  • そら豆
  • モロヘイヤ
  • ニンニクの芽
  • うなぎ

 

ただし、葉酸については注意して欲しいことがあります。葉酸は熱に弱く水に溶ける性質があるのです。吸収率も100%ではないので、特に妊娠中は食事からだけで十分な量を摂取することが難しいのです。そのため、厚生労働省でもサプリメントで補強することを推奨しています。

 

妊娠していなくても食事は健康を保つための大切なものですが、妊娠していると赤ちゃんを育てないといけないので、必要な栄養素も変わってきます。

 

妊娠に良い食事・・摂るべき栄養素を知っておけば意識をして用意ができます。さらに食卓の色も綺麗にできればバランスはバッチリ。お腹の中で赤ちゃんを育てることはほんの短期間です。意識できることはなるべくしておくことでマタニティライフもより満喫できるのではないでしょうか。

ママへの影響

ママへの影響

OmarMedinaFilms / Pixabay

妊娠に良い食事をとることによって胎児だけでなく、ママの体も守ることになるんです。妊娠中ならではの病気や不調は色々ありますが、よく起こり得ることは

  • 貧血
  • 骨がもろくなる
  • 歯がもろくなる

です。

この辺りのことは食事に気をつけると防ぐことができます。貧血は妊娠後期になると特に指摘されやすい問題です。

鉄分は血液を作るには必要不可欠な栄養素です。特に妊娠中はより多くの血液が必要となるため、血液の主成分となる赤血球を作る栄養素が必要となります。

さらに妊娠中は骨や歯がもろくなりやすいので、カルシウムをしっかり摂取し余計なトラブルを避けましょう。毎日の食事でしっかり栄養素を補えるようにしておきたいですね。

胎児への影響

胎児への影響

Skitterphoto / Pixabay

もちろんママが不調になると、胎児にも栄養がいきません。そして胎児に栄養がいっても、ママに栄養が行かなくなると胎児は必要な成長ができません。そのような悪循環にならないようにしておかなくてはならないのです。

 

葉酸は摂取することで、先天性異常の胎児が生まれるリスクが減るなどいい影響がありますし、さらに鉄分は赤ちゃんへ酸素を届ける血液を届けるためにも必要な栄養素です。酸素が届けられないと、発育に影響を及ぼします。

 

今回紹介した「妊婦に良い食事」は「胎児にも良い食事」となります。様々なリスクを減らすためにも毎日の食事は心がけるようにしましょう。

まとめ

妊婦に良い食事といえば何を気をつけなくてはいけないのかを紹介してきました。バランスよくいろんなものを食べなければいけないけど、妊娠中には中でもこれ。

  • 葉酸
  • 鉄分
  • カルシウム

ママと赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素となるため、妊娠中は積極的に3種の栄養素が含まれる食材を使って美味しい食事を摂りましょう。

-妊娠, 妊娠中の食事

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.