結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠 妊娠中の食事

妊婦と生卵!なぜいけないの?妊娠中の影響とアレルギーとの関係

更新日:

妊娠中に食べてはいけないものがいくつかあるのを知っていますか?その中の一つである生卵。普段は卵がけご飯や、牛丼に生卵をトッピング・・など生卵を毎日の生活によく活用しているよ!と言う場合も多いかもしれません。

でも、妊娠中はちょっと待って!めちゃくちゃ生卵が好きでも、妊娠生活と赤ちゃんのために、今だけは食べるのは控えてください。でも、理由がわからないと納得いきませんよね。妊婦と生卵について、

  • 妊婦の生卵がいけない理由
  • サルモネラ菌に感染しないために
  • 妊娠中の火を通した卵について
  • 症状が出てしまったら?
  • 妊婦と生卵のアレルギーの関係

を記事にしていきます。迷ってる妊婦さんの参考になれば嬉しいです。

妊婦の生卵がいけない理由

妊婦は生卵ダメ

MakyFoto / Pixabay

いろんな美味しい生ものが売られていますが、その中でも妊娠中の「生卵」は避けるべきと言われます。産婦人科でも医師から食べないでくださいと言われることも多い食材です。

生卵を食べてはいけない理由は、「サルモネラ菌」です。名前は聞いたことがあるかと思います。

つわりやお腹の重みがあるとは言うものの、妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるだけで普段と変わらないような気がしている人もいるかもしれません。ですが、妊娠中は抵抗力が低くなっていて、サルモネラ菌にも感染しやすい状況となっています。

サルモネラ菌に感染してしまうと食中毒を起こしてしまい、つらい症状が出てしまいます。感染してしまうとどうなるのでしょうか??症状は次のようなものです。

  • 嘔吐
  • 発熱
  • 下痢
  • 腹痛
  • 脱水症状

このような症状が生卵を食べてから半日〜1日の間に出た場合、生卵による食中毒と考えてもいいと思います。症状が出るとつらいだけではありません。このような症状が出ることによって妊娠中の大切な時期に必要な栄養も取れなくなってしまいます。こうなる可能性がある以上、やはり妊婦さんは生卵を食べないようにするべきだと思います。

さらに胎児への影響はあるのでしょうか??もし感染してしまったら・・と心配ですよね。お腹の赤ちゃんの栄養は胎盤を通して送られています。サルモネラ菌は胎盤を通って胎児に直接影響を及ぼすことはありません。・・が、ママの子宮には影響します。

子宮が収縮し、切迫流産などを起こす可能性が出てくるのです。直接胎児に影響はないとは言うものの、子宮への影響は同じことと言えます。妊婦さん本人にとっても、胎児にとっても、生卵はやはり避けた方が良い食材だと言えます。

サルモネラ菌に感染しないために

調理

congerdesign / Pixabay

生卵を食べないだけでは感染を完全に防いだとはいえません!サルモネラ菌は、卵の殻の部分にもついていて、食べることを避けるだけでなく触る際にも注意してください!

自分は避けていても、家族のために卵焼きなどの卵料理をする機会は多いと思います。調理の際、手にサルモネラ菌が付着した状態でまな板や包丁、お皿などを触り他に移ることで感染してしまう場合があります。調理中はこまめに手を洗う、生卵を置いたお皿をそのまま使ったりしない、など徹底しましょう。

ちなみに、生卵にサルモネラ菌がある確率は低く、あっても少なければ食中毒は起こらないと言う情報もあるようですが、保存状態などによって増えてる可能性もあります。感染してしまってからでは遅いので、特に妊娠中は念には念を入れ、過ごすことをお勧めします。

ここまで生卵は避けるべきと伝えていますが、火を通した卵はどうなんでしょうか??卵料理もダメなの??次に説明します。

火を通した卵について

火を通した卵

stevepb / Pixabay

卵はとても栄養価が高く、バランスも良いため妊娠中には食べた方が良いとされている食材です。ママと赤ちゃんの栄養を考え、妊娠中は積極的に食卓に取り入れましょう。一昔前は卵は1日1個!と言われていましたが、今は特に個数に制限はありません。ただ、バランスを考えると個数は一日2個くらいがベストだそうです。

コレステロール値が心配な方も、卵黄に含まれる「卵黄レシチン」が量を調整してくれるため、一日2〜3個なら数値に影響はないとのこと。しかも肌にもいいという女性に嬉しい食材なんです!(コラーゲンを形成してくれる成分が多く含まれているんですって!)

卵は調理法もいろいろありますね。ゆで卵や炒め物、スープに入れてもいいですし卵焼きにしてもとても美味しいです。安価で手に入るし、家計にとってもお助け食材です。半熟も美味しいですが、妊婦さんの場合火はしっかり通すよう意識してください。

いいことだらけの卵!栄養と、卵のようなツルツルお肌も一緒に維持できると理想ですね♪

生卵と火を通した卵。食べてはいけなかったり食べた方が良かったりで結果は逆ですが、栄養豊富な卵は火を通して毎日食べてくださいね。(卵とアレルギーについては後述します)

生卵が好き!と言う妊婦さんもいると思いますが、妊娠中はぐっと我慢。元気な赤ちゃんを産んでから、また食べるようにしましょう。

もしも妊婦さんが生卵を食べてしまって、このような症状が出てしまったらどうしたらいいのでしょうか??次に説明していきます。

妊婦が生卵を食べて症状が出てしまったら

妊婦が生卵食べたら

Anemone123 / Pixabay

すき焼きや卵がけご飯、温泉卵・・何気無く普段食べてるものだから、知らずに妊娠しても食べてた!!と言うママもいるかもしれません。もしも、生卵を食べてしまって症状が出てしまったらどうしたらいいのでしょうか。

生卵や生のものを食べて上記のような吐き気、発熱、下痢、腹痛などが現れた場合には、すぐにかかりつけの産婦人科にかかるようにしてください。

妊娠中は使える薬が普段と違います。勝手に市販の薬を飲んだりしないでくださいね。産婦人科は夜間でも大抵連絡が取れるので必ず連絡を入れて、指示を仰ぎましょう。

先ほどもお伝えしたように、生卵による感染は子宮への影響も考えられるので、大丈夫だろうという思い込みは絶対にやめましょう。

妊婦と生卵とアレルギーの関係

妊婦と卵のアレルギー

Oldmermaid / Pixabay

アレルギーといえば何を思い浮かべますか?小麦や乳、そして卵も代表的なアレルギーの一つです。

妊娠中にたくさん食べたり、卵の場合は生で食べたりすることでお腹の赤ちゃんがアレルギーになってしまうのではないか?と考えてしまう妊婦さんもたくさんいるようです。私も実際に妊娠中はそう思ったこともありました。

しかし、現在のところ妊娠中に食べたことが原因で赤ちゃんがアレルギーになるといった医学的根拠はありません

確かに妊婦さんが食べることはお腹の赤ちゃんの成長に関係します。でも、アレルギーとは別問題。食べ過ぎとアレルギーとは関係ないと考えても良いと思います。

そして食事制限について推奨もされていませんので、食べたものがアレルギーを引き起こしてしまうのでは??と過度の心配をした結果、偏食になってしまうことの方が心配。必要な栄養素が取れなくなってしまいます。

先ほどもお伝えした通り、卵は栄養豊富な食材です。無理に食べることを避けると食事のバランスも悪くなってしまいますのでやめましょう。

まとめ

妊娠中の食事はちょっとでも自分の体と赤ちゃんにとって良いものを。卵については

  • 妊婦は生卵は食べない!!
  • 妊婦は卵(火を通したもの)は食べる!!

理由がわかれば納得して実践できますよね。妊婦と生卵についてはこれを意識して過ごしてくださいね。

-妊娠, 妊娠中の食事

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.