結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊活・妊娠力

妊活中風邪ひいちゃった!薬と妊娠してた場合の胎児への影響とは?

投稿日:

妊活と風邪

ptksgc / Pixabay

妊活中は妊娠するために効果的なことを取り入れつつ普段通りの生活を送っていると思いますが、そんななか風邪をひいてしまうことがあると思います。妊娠したいと思っている矢先に風邪をひいてしまった場合、気になるのが薬についてです。

薬を飲まずにダラダラ風邪気味状態を続けるのも良くないはず。だけど薬もどうなのか・・?気持ち的にも落ち着きませんよね。

この記事では妊活中に風邪を引いた時

  • 妊活中風邪薬の影響は?
  • 市販薬と病院の薬の違いは?
  • もしも妊娠していたら胎児への影響は?
  • 旦那さんが風邪の場合の妊活について

を記事にしていきます。妊活中の疑問はストレスにつながります。ぜひ参考にしてください。

妊活中の風邪。薬の影響は?

風邪

windsing / Pixabay

妊活中=妊娠したいと感じている期間の体は当然、妊娠していない状態となります。そのため市販薬や病院で処方された薬は、妊娠していないことがわかっているなら飲んでも基本的には問題ないと言うことになります。

ただし、持病持ちで病院から処方された薬を定期的に飲んでいる場合は、妊活中でもそうでなくても風邪を引いたからと言って市販薬を気軽に飲んではいけません。必ず飲む前にかかりつけ医に確認するか、常時飲んでいる薬があることを伝えた上で風邪薬を処方してもらうことをおすすめします。

薬は飲みあわせや食事上の注意などもあるので、間違った薬の飲み方をしてしまうと妊活の妨げになる可能性だけでなく、自分の体に副作用を起こす可能性もあります。

産婦人科で排卵促進剤ホルモン注射などを打っている場合も、風邪を引いて薬を飲みたい場合は念のため医療機関に確認するようにしてください。

市販薬と病院で処方された薬の違い

ちなみに市販薬と病院の薬の違いは、薬一粒に含まれている成分の違いです。市販薬は様々な症状に対応できるよう複数の成分が含まれています。市販薬は誰でも買うことができるので、成分自体は体に優しいものが多いです。

一方病院の薬は、患者の症状に合わせて薬を処方するため1粒の薬には、1つの症状を改善するための成分のみが含まれている場合が多いです。そのため、病院から処方される薬は複数になることが多いのです。

妊娠してた!風邪薬が胎児に与える影響

妊活中の風邪で困ることは、妊娠しているかどうか分からない時期に風邪をひくことです。妊娠初期症状は風邪に似た症状が出ると言われています。実際私も風邪をひいたと思い、市販の風邪薬を飲んでしまいました。この後妊娠発覚!!

もちろん、妊娠しているかわからない微妙な時期に風邪薬を飲んだからと言って100%赤ちゃんに問題があるとは言えません。何度か風邪薬を飲んでも、赤ちゃんには何の影響もないことも多いです。ここで言えることは

風邪薬が胎児に直接の影響を与えるか
どうかははっきりとはわからない

と言うこと。妊娠してたけど風邪薬を飲んでしまった私の場合は、たまたま特にその後問題は出ませんでした。しかし、薬は妊娠している場合は少なからず胎児に影響を与える可能性がある、流産の危険性があるということを認識しておく必要はあります。軽い気持ちで薬を飲むことは絶対に避けましょう。

そして何より私のように風邪薬を飲んでしまった後に妊娠が発覚すると、気持ちの上でとても落ち着かない時間を過ごすことになってしまいます。モヤモヤして、病院に電話して聞いて見てもはっきりは答えてもらえないし、大丈夫な可能性は高いと言ってもらえたとしても完全にはすっきりしません。このストレスも影響があると感じます。

妊活中の方で、妊娠している可能性がある場合は、妊娠初期の薬の服用は注意されることをおすすめします。本当に風邪かどうか?妊娠しているのかどうかをきちんと確かめてくださいね。

もし妊娠していなくても、普段妊活のために病院にかかっている場合や、いろんな面で不安な場合は、産婦人科を受診し風邪の症状を伝えて漢方薬など、妊活中や妊娠中に飲んでも問題が無いとされる薬を処方してもらいましょう。

旦那が風邪。妊活はどうする?

夫婦

Takmeomeo / Pixabay

妊活は夫婦二人のこと。妊娠するのは女性だけど、男性側の風邪は妊活をするにあたりどうなんでしょうか?自分自身は気をつけていても、人と会う機会が多い旦那さんの方が風邪をひいてしまう確率は高いと思います。

どんなに普段対策をしていても風邪をひくことはあり、仕方が無いことです。毎日会社で働いている旦那さんが風邪をひいた時、仕事もあるので風邪薬を飲まれると思います。

旦那さんが風邪薬を飲んでしまうと、妊娠しにくくなったり、薬の副作用で障害を持った子が生まれたりするという噂を耳にした方もいるかもしれません。

しかし、実際は精子が作られるには数ヶ月かかります。その間に風邪薬だけではなく薬を飲む方は沢山います。

妊活中に男性側が風邪薬を飲んでも、妊娠にはほぼ影響はないと言えるでしょう。万が一精子に異常が発生した状態で妊娠したとしても、初期流産として妊娠という形で継続は出来ない可能性が高いです。

妊活中は排卵日などタイミングがあると思います。旦那さんが風邪をひいている間に仲良ししても問題ありません。ただ、早く風邪を治したい場合は、安静にゆっくりするほうが良いでしょう。

まとめ

今回は妊活と風邪について見てきました。胎児のことを考えると薬については敏感になってしまいますよね。わからない部分がある以上、慎重なくらいがいいと思っています。

妊活が成功し、健康な赤ちゃんが生まれてくることを希望するなら薬に注意する心がけはとても大切なことです。

ただし、あまりに敏感になりすぎるとストレスがかかり風邪の面でも妊活の面でもうまくいかない場合も出てきます。

風邪をひいたから妊娠しにくくなるという意識を持つより、病気などしない健康的な体を手に入れる!という意識で日々の生活を送りましょう。

-妊活・妊娠力

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.