結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

母乳の授乳を嫌がる!原因と対処法を知ってお互いに成長しよう!

投稿日:

授乳

fancycrave1 / Pixabay

赤ちゃんがいつもは喜んで飲んでいた母乳を突然飲まなくなってしまい困っている・・ミルクに変えようとされているなら、少し待ってください。赤ちゃんがおっぱいを拒否するなんて想像もしてなかったかもしれませんが、これは子育て中にはよくあること。

赤ちゃんが授乳を嫌がる原因は様々です。まずは原因について考えられることを紹介します。そして授乳を再開させるための対処法をお伝えします。

母乳を飲んでくれるようになるまでの期間は試行錯誤の連続になるかと思いますが、ずっと飲まない期間が続くことはないはず。赤ちゃんの月齢や性格、ママ側のこと・・色々重なって解決までの時間は個人差があると思いますが、ぜひこの記事を参考にしていただき対処して欲しいと思います!

授乳を嫌がる原因とは

赤ちゃん

esudroff / Pixabay

授乳を嫌がる原因としては以下のことが考えられます。赤ちゃんはお話ししてくれないので、これ!とすぐに原因がわからないかもしれません。でも、これかも・・とママが知っておくことで早く対処できることもあります。

乳頭混乱

まずよく授乳を嫌がる原因として伝えられているのは「乳頭混乱」と言われるものです。言葉は聞き慣れないかもしれませんが、哺乳瓶を適度に使用している場合、おっぱいと哺乳瓶の違いが赤ちゃんにとって混乱を招いてしまう時に起きる現象です。

混合栄養の赤ちゃんにとって、お母さんのおっぱいの乳首と哺乳瓶の乳首がどちらも口元にやってくることになります。この2つは形は同じように見えるのですが飲み方や出具合、感触などが違います。哺乳瓶の乳首は母乳と違い、あまり力を入れなくとも飲むことが出来ます。そのため哺乳瓶の方が楽だと感じ、力を入れなければ出てこない母乳を飲まなくなることがあるのです。

私の長女は生まれたての時おっぱいがうまく飲めず、飲まそうとしている途中に寝ちゃったりしてすごく困ったことがあります。生まれたてということで飲む技術も与える技術もなかったのだとは思いますが、今思うと授乳は寝ちゃうほど力を使うことだったんだと思いました。

少し成長して飲む力がついても、哺乳瓶で授乳する機会があり両方知ってしまうと、飲むのに力がいる母乳を拒否してしまうのも無理ないかもしれません。

ただ、母乳だけを与えてしまうと預ける時や外出中に困ったりするので計画的に哺乳瓶を使っているママもいると思います。必要な状況で与えてるのに混乱されてしまうとなると・・難しい問題ですね。

母乳の味

母乳の味がいつもの違い、赤ちゃんが美味しくないと感じている場合も授乳を嫌がります。ミルクは味が安定しているのでこのようなことは起こりにくいのですが、母乳はママの食生活が直接味を左右します。

偏った食事をしてしまったり、甘いもの辛いものを食べすぎたりした場合、赤ちゃんはしっかりと母乳の味の違いを感じ取っているのです。

乳首の形や姿勢

ママの乳首が飲みにくく、上手く吸い付くことができないと感じた場合、授乳を嫌がることがあります。小さい乳首だったり、逆に大きすぎたり、扁平乳首や陥没乳首などが飲みにくい原因としてあります。

また、授乳の体勢が悪い場合も同様の問題が起こることがあります。

お腹の空き具合

お腹が空いていない時にもおっぱいを与えていませんか?逆に時間にばかりとらわれて飲みたいのに母乳を与えない時間が増えたりしていませんか?

赤ちゃんのリズムとママのリズムが食い違っていると、母乳をうまく飲めないようになる場合もあります。

 

・・・・・・・・・

以上のように、授乳を嫌がる場合に考えられる原因は色々あります。すぐに母乳はもうあげれないのかも・・と諦めてはいけません!可能性のある原因がわかったら、ここからが対処のしどきです。次に紹介する方法を試してみましょう!

授乳を嫌がる赤ちゃんへの対処法

ママと赤ちゃん

ImagesBG / Pixabay

様々な原因があるのがわかりました。母乳を嫌がらずに飲んでもらうための対処法を紹介します。少しづつ、一つづつ試して見てください。

母乳の回数やタイミングを変えてみる

赤ちゃんが嫌がるからといって母乳を与えることを諦めていては、長く続く授乳期間を過ごすことは出来ません。赤ちゃんが嫌がっても根気強く、乳首を加えさせてみましょう。

また、授乳時の順番にも工夫してみてください。1回の授乳の中でもまずは母乳を与えてからミルクをあげてみたり、ダメなら逆にしてみたり、ママのおっぱいがよく出る時間帯は母乳にしてみたり・・と色々試してみて。

赤ちゃんもお腹がすけば、頑張って飲もうと試みるようになります。お互いの努力と工夫が必要です。

 

ママが食事を見直しましょう

ママの食事が原因という可能性があるので、食事を見直してみましょう。甘いものや油っこいもの、辛いものや乳製品は控えめにしてバランスの良い食事を摂取するように心がけてみてください。

和食は健康にも母乳にとっても良いと言われていますので、ぜひ献立を考える時は和食を取り入れましょう。カフェインを控えたり、母乳に良いとされるお茶などもありますので、取り入れて見ても良いと思います。
母乳育児にたんぽぽ茶(10日間お試し送料無料730円)

 

乳頭マッサージを行ってみましょう

赤ちゃんがくわえにくい乳頭の形をしている場合は、授乳を行う前に乳糖をマッサージしてみてください。乳首が伸びやすくなり、赤ちゃんが吸い付きやすくなるでしょう。

陥没や扁平乳首の場合でも、お手入れを続けることで吸えるようになります。

離乳食の量

離乳食を初めている月齢の場合、離乳食の量を観察してみましょう。離乳食中期以降で、食事から十分に栄養が取れているなら母乳の辞めどきかもしれません。

いずれはおっぱいやミルクはやめて食事からの栄養となります。いろんな味を知っておっぱいが物足りなくなることは、ちょっと寂しいけど成長の証です。

 

・・・・・・・

改善までの期間は個人差があります。しかし根気よく赤ちゃんを観察しながら対処することで改善していきます。工夫と見守ることのバランスをしっかりとりながら過ごすことで、赤ちゃんもママもすごく成長すると思います。

改善までの期間について

期間

Pexels / Pixabay

授乳を嫌がる原因や、赤ちゃんの性格などによって改善するまでの期間は異なります。

哺乳力が弱い場合は月齢があがっていくと、母乳をよく飲めるようになるため、継続的に様子を見る必要があります。また歯の生え始めや鼻づまりなど一時的な問題で授乳を嫌がる場合は、ある程度落ち着けば、また母乳を飲み始めることが多いでしょう。ママの食生活が問題の場合は、数日の内に味が戻り、授乳できることもあります。

いつまでに状況が変わると言いづらいですが、授乳を諦めずに継続的に試すことが必要。ママとしては授乳を嫌がる期間、どうしようもない気持ちになると思います。栄養が行き届かなくなって病気になるんではないか?とか、これからずっと飲んでくれなかったらどうしよう・・とかいろんな気持ちがぐるぐるすると思います。

でもまずはママがくよくよしていては始まりません。しっかり赤ちゃんの様子を見ながら何が原因なのか?をできるだけ見つけるようにし、色々工夫してみることで解決する近道は見つかっていきます。ママの頑張りは赤ちゃんにきっと伝わります。

ただしどうしてもママの気持ちが落ち着かずしんどい時や、なかなか改善しない!という時には産院や小児科の先生、保健師さんなどに聞いてみてください。専門家や経験者の話を聞くことでわかることもたくさんあります。育児を頑張りすぎてママがしんどくならないようにするのも大切です。

まとめ

授乳を嫌がる理由は赤ちゃんが知っていることだと思います。ただ話すことが出来ないため、ママが様々な原因を考えなくてはいけません。

ママ自身も成長するために、いろんな工夫をして対処出来るようにしてみましょう。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.