結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠

戌の日の初穂料!金額の相場はいくら?お金の入れ方・封筒の書き方

投稿日:

戌の日

妊娠5ヶ月の頃行う「戌の日」の安産祈願。つわりが終わって初めての遠出かもしれません。誰と行くか?神社はどこにするか??終わった後にお食事とかは行く?などいろいろ予定を決めると思いますが、忘れがちで、忘れてはいけないのが神社参拝時に必要な「初穂料」です。

安産祈願でお参りに行くんだからお金が必要とはわかっているけど、金額も調べずただ単に財布にお金だけを入れて持って行こうと思っていませんか?私自身の経験からも言えることなんですが、きちんと謝礼として「初穂料」を用意するのを忘れてしまうママも多いんではないかと感じています。

今回はそんな戌の日の初穂料・相場について、そして迷いがちな渡すタイミングについてまとめていますので参考にしてください!

戌の日の初穂料の相場とは?

初穂料の相場

まず初めに戌の日の初穂料の相場についてです。(初穂料とは何か?は後半にまとめています。)

 

戌の日の初穂料の相場

5000円から10000円

です。

 

この初穂料の相場金額はひとつの目安と考えてください。実は初穂料の金額は神社により決まっているところがたくさんあります。戌の日の初穂料を決める場合は、まず神社に聞いてみることが必要となってきます。

初穂料は行く神社に聞いておくこと!

神社やお寺に問い合わせてみて、初穂料の金額が決まっている場合はその金額に従って用意するようにしてください。お参り内容によって料金設定が数パターン用意されている場合もあります。注意して聞いておいてくださいね。

初穂料の違いによりご祈祷内容が違うので、自分自身が納得いける内容にできるよう事前に内容もしっかり聞いておきましょう。

もし決まった金額はなく、初穂料がはっきりしない場合は上記の初穂料を参考に初穂料を用意するようにします。初穂料の金額が決まっていない場合でも、問い合わせをした際には安産祈願ではどんなことをするのか?どのように対応してもらえるのか?を聞いておきます。

お参りだけなら5000円・個別対応と腹帯やお参りがもらえるなら10000円など内容によって金額を決めましょう。

初穂料ののし袋について

初穂料の金額がわかったら、次は実際に渡せるように用意します。初穂料はお金を裸のまま渡しては行けません。基本的にはのし袋に入れます

飾り紐である水引きは「紅白の蝶結び」を使います。

紅白の蝶結び

紅白の蝶結び

赤ちゃんができることは何度あっても嬉しいことですよね。何度でもめでたい時には、蝶結びを使います。紅白の水引には2種類あって、結切りの水引きを使わないようにしましょう。これは一度きりにしたいお祝い事に使いますので、今回のような戌の日の安産祈願には使いません。例えば結び切りの水引は結婚などで使うようにします。

間違いやすいのでよく確認して用意するようにしましょうね。

私の場合、水引と封筒が別になっているタイプのものは使いませんでした。封筒に紅白の蝶結びの水引きが印刷されているものを用意しました。枚数が多く入っていてお得なタイプのやつです(笑)これからお宮参り、七五三と初穂料を用意する機会も出てくるので、買っておくと便利ですよ!

中身の入れ方ですが、お金は人がいる面が表面。いないほうが裏面です。人が上に来るようにのし袋に入れるようにします。

初穂料のお金の向き

人が表で上に来るように入れる

中袋とのし袋が分かれているものの場合は、中袋の表面に金額を、中袋の裏面に住所を書き、のし袋に入れて水引をセットします。のし袋には「御初穂料」、下には夫婦の名前を書きます。この時名字だけでも大丈夫です。

熨斗袋の書き方

「御初穂料」と「夫婦の名前」を書く

水引が印刷されているタイプも表には御初穂料・夫婦の名前を書き、裏面に住所を書く部分があれば書き中身を入れます。

金額記入例:5000円→金伍阡円 10000円→金壱萬円

戌の日の初穂料はいつ渡せばいいの?

戌の日

初穂料を渡すタイミングはいつなんでしょうか?行ったことがないと気になるところですよね。用意して持って行ったけど迷うことの内容に予習しておきましょう。

 

初穂料を渡すタイミングは受付時です。

 

当日の流れは神社にもよりますが大体このような感じになります。

戌の日の安産祈願の受付を行うため窓口へ。

神社所定の申込書などを書く

申込書と初穂料を窓口に一緒にお渡しする

戌の日のお参り

このように受付時に一緒に渡すことになるので、用意していかないと慌ててしまうことになります。当日に焦ることのないように準備万端で向かうようにすれば気持ちの面でも安心です。

とろこでそもそも初穂料ってなんのことなんでしょう?せっかくの機会ですので、まとめておきますね。

初穂料とはそもそも何?

初穂料の意味

七五三やお宮参り、受験の合格祈願や厄よけ、安産祈願など、神社にご祈祷をお願いするときに渡す「謝礼金」を初穂料と呼びます。これから赤ちゃんが生まれると、用意する機会も多くあると思います。

私としても子供を産むまでは聞きなれない言葉でした。この「初穂」とは、昔の神様へのご祈祷時の奉納品に由来します。今はお金が中心となっていますが、昔は農作物を奉納していたのです

その年にできた農作物の、一番初めに収穫した物が「初穂」と呼ばれます。主に稲が中心に納められていて、時が流れるにつれてだんだんと他の農作物も納めるようになっていきました。それが近年では農作物(神様への一番初めの稲=初穂)の代わりにお金を渡すようになったのですが、言葉として残り「初穂料」と呼ばれるようになりました。

「初穂料」ってちょっと覚えにくいけど、理由がわかれば納得ですね。

編集後記

たくさんの準備が必要な七五三。その中の一つが初穂料です。初穂料の相場、意味などについてまとめると・・

  • 初穂料の相場は5000円から10000円
  • 用意する前に神社に聞いておくこと!
  • 渡すタイミングは受付時
  • 昔は農作物を神社に謝礼金として奉納していたことから「初穂料」と呼ばれる

スムーズに当日を過ごすため、事前に用意をしておきましょうね!

-妊娠

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.