結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

夫婦

夫婦のベッドルームのレイアウトのおすすめベスト3を発表!

投稿日:

夫婦のベッドルーム

夫婦の寝室が同じ場合、どのようにベッドをレイアウトするかは迷いどころ。これからベッドをおく夫婦、ベッドレイアウトを変えたいと考えている夫婦、どちらにしてもベッドはなかなか買い換えれるものでもないので、はじめの動きが肝心です。

夫婦で寝室を一緒にする場合の、夫婦のベッドレイアウトでおすすめを3つ、この記事ではご紹介します!

夫婦のベッドレイアウトおすすめは?

1位!シングルベッドを2台並べる

シングルベッド

私はこのパターンが一番のおすすめです。実際に私の自宅もシングルベッド2つを並べてレイアウトしています。同じベッドで寝てる感もあるけど、きちんと独立もしているので、いいとこ取りな感じです。

普段はくっつけて大きいベッドになりますが、ベッドを動かすと真ん中が開くので、掃除もしやすいです。

シングルベッド2台をくっつけるので、部屋の中央、壁一面にだけ上部をくっつけるレイアウトが適しています。布団が壁に当たってきちんとおさまらずに落ちてしまうこともありません。

ベッドを選ぶ際は、ヘッドボードとマットレスがきちんと2台くっつくタイプのものを選ぶようにしましょう。間が開いてしまうと快適とは言えないし、落ち着かない感じになってしまいます。

シンプル派におすすめのベッド

軽くて移動もしやすい、そしてマットレスにも布団にも対応のシングルベッド2台セット。掃除もしやすく買いやすい価格なので、子供部屋にもいいですね。

豪華でしっかり派におすすめのベッド

憧れシモンズベッド。マットレスはとても寝心地がいいと評判だから、初期投資は必要だけどずっと使うならいい買い物だとおもいます!シングル2台セットならお得♪

2位!ダブル〜キングベッドをおく

ダブルベッド

新婚さんで家具を揃えるとなると、やはりダブルベッドを選ぶ夫婦が多いのではないでしょうか?同じベッドで仲良く寝れるのであればこれ以上の幸せはないかもしれません。

ただ、寝返りが気になったり、寝ている間に布団の取り合いになったり、寝る時間が違ったり、ということになると気になって睡眠不足になる可能性も。

睡眠不足はイライラや相手への思いやりを失うきっかけとなってしまいます。

同じベッドにするにしても、部屋の大きさに余裕があるならクイーンサイズやキングサイズを選ぶ方と余裕が全然違います。

キングになるとシングルのマットレスが2つになります。広いだけでなく、シングルベッド二つに近いので、相手の動きを気にせずにすみますし、シーツもシングル二つにし、掛け布団もシングル二つにすればとても快適に眠れると思います。

また、シングルベッドを2台買うよりも割安な場合も多いので、価格的にもおすすめです。

ただし、デメリットとしては間の掃除がしにくいことです。ベッド自体は別れていないので、真ん中の奥の方になると埃がたまってしまう可能性大!ルンバなど自動掃除機を導入すれば解決できるかも?

ダブルベッドの場合、1台しかおく必要がないので狭い部屋でも対応できます。部屋を広く使うことができれば、本棚や机、鏡台などをおくこともできるので、部屋のレイアウトがしやすくなります。

3位!シングルベッドを2台

シングルベッド2台

ホテルライクなベッドレイアウト。同じ部屋で過ごすけど、ベッドは別にするとぐっすり眠れます。相手の動きは気にせず眠れますよね。

2台を並べるよりも相手の動きが気にならないので、部屋そのものを別にしようか迷っている夫婦は、まずはこの配置にするのをお勧めします。

夫婦の寝室が別だと離婚率は高まる?別室でも円満でいるコツを伝授!

スキンシップをしたい時は相手のベッドに行くようにすれば、マンネリ化を防げるしちょっと気分もアップするかもしれません。

レイアウトも自由自在。私がおすすめするシングル2台をくっつけることにも気分次第で対応可能。部屋の模様替えもしやすいし、部屋を別々にすることもベッドを買い換えることなくスムーズです。

シングルだとシーツの種類も豊富ですので選べる幅が広いのも嬉しいですよね!

夫婦のベッドレイアウト
赤ちゃんができたらどうする?

赤ちゃんとの寝室

赤ちゃんができると、新生児のうちは必ず夜の授乳があります。授乳は母乳だけではなく、ミルクの場合もありますし、おむつを替えたり着替えをさせたりすることもあります。

そんな時、考えなくてはいけないのはどのように寝るか?です。

赤ちゃんが泣いたらすぐに授乳をする必要がありますし、泣いているのに気づかないような寝方はNG。現実的には赤ちゃんとお母さんが別の部屋で寝るのはかなり無理があります。

ママと赤ちゃんは一緒に寝るとして、悩むのはパパ。

パパが深夜の育児にどれくらい参加するか?というのは夫婦間の話し合いが必要ですが、朝から仕事があると思うので、睡眠不足は避けたいところ。車の運転などがあるなら尚更です。

だからと言って、二人の子供をママに任せっぱなしにするパパを見るのもストレスになったりします。育児を頑張ってくれていたとしても、やっぱりパパから母乳は出ませんし・・。

赤ちゃんができたら、

  • 夜中の育児をどう分担するか
  • 夜泣きがなくなった後の寝室はどうするか
  • 次の日が仕事の場合の負担
  • 夜泣きでおきてしまうかどうか

などを十分話し合いましょう!

赤ちゃんができた時の寝室については、同じ部屋派の人もいれば、別にする派の人もいます。私の場合は同じ部屋で寝ましたが、泣いてもおきない人だったので気を使うことはなかったです。

だからと言っておきないので育児の分担もなかったので、休みの日くらいみてよ!と思うことも正直ありました・・。

もし、これからも夫婦の寝室を一緒にしておきたい場合、一度別にすることによって戻せなかったという話も聞きますので、赤ちゃんができたら、二人でどう寝るか?どう子育てしていくか?子供が大きくなったら?などしっかり納得がいくように相談しましょう!

まとめ

夫婦の寝室のベッドレイアウトと、赤ちゃんができた時にどう寝るか?を見てきました。

夫婦の形は夫婦の数だけあります。こうしなければいけないという決まりがないだけに迷ったりいろんなことを思ったりしますが、二人がしっかり納得の上で決めていけば、問題も起こらないと思います。

気持ちのいい寝室にしてくださいね。

-夫婦

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.