結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

育児

歯磨きを嫌がる1歳児・2歳児!上手に歯ブラシをする方法はこれ!

投稿日:

歯磨きを嫌がる子供

子供が歯磨きを嫌がるので困る・・嫌がらない子供はいるのかい?と聞きたくなってしまうほど、手こずってるパパやママは多いと思います。

歯の健康は一生の財産。小さいうちからの歯磨き習慣はとても大切なものです。でもなかなかうまくいかず、悩んでしまいますよね。

この記事では歯磨きを嫌がる子供への対処法をご紹介します。基本的なことから、裏技的なものもありますが、できるだけ特別な用意をせずにできるものを集めました。

毎日大変な歯磨きタイムの参考にしていただければと思います。

歯磨きを嫌がる子供の対処法

仕上げ磨き

歯磨きが好き!そんな赤ちゃんや子供は少ないと思います。子供が歯磨きを嫌がる理由は様々ですが、きちんと磨いてあげたいと思うのが親の気持ち。でもそんな気持ちとは裏腹になかなか上手に磨いてあげられないのが現実です。

歯磨きを嫌がらずにすんなりできるまでには、多少の時間はかかります。でも少しでも抵抗のないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?ご紹介する方法をぜひ試してください。

赤ちゃん用のゴム製の歯ブラシから始める

赤ちゃんの歯磨き

毛が付いているタイプではなく、デコボコしたような形状のゴムが先端についている赤ちゃん用の歯ブラシ(写真)なら、見た目が歯ブラシに見えず抵抗なく口に移動させてくれます。

2歳くらいまでなら、その歯ブラシをおもちゃあたりにすっと自然に置いとくと、おもちゃと勘違いして遊び始めてくれます。くわえやすい形状なので、赤ちゃんはその歯ブラシを口へ・・。

歯ブラシの衛生面は正直気になりましたが、我が家はこの作戦でまず様子を見ました。くわえてくれるだけでも唾液が出て、少しでも虫歯予防が期待できます。

次第にゴムの感覚が不思議なのか、口でグニグニして私の子供はそのゴムの歯ブラシが好きになりました。慣れた頃にちょっとママがそのゴム歯ブラシを口の中で動かして上げ、歯磨きをするようにして見てください。それでも嫌がるときはやめておく。時間をかけて歯ブラシへと移行させましょう。

まずは口の中に歯ブラシらしきものを入れるところから始める作戦は、私の子供には有効でした。

ガーゼ歯ブラシをする

ガーゼをママの指にくるっと巻きつけ、指で歯を磨くようにしてあげると優しいタッチで痛くありません。歯と歯の間は磨けているか心配ですが、まずは口の中で歯を磨くことに慣れることが優先。

歯がまだ少ない時にはこの方法で十分歯磨きができます。

子供が嫌がらない歯ブラシを購入する

歯ブラシ選び 子供の歯茎は柔らかいため、歯ブラシも柔らかい毛のものを選択しましょう。毛先が細く滑らかで握りやすいものが良いでしょう。硬かったり太かったりすると刺激が強く、より歯磨きを嫌がらせる元になります。

また毛の面はフラットで、ヘッド部分は小さいほうがお子さんの歯にフィットします。せっかくの歯磨きなので、できるだけ効果の高い歯ブラシを選ぶことも重要です。

それと、好きなキャラクターのものを選んでテンションを上げてあげることも効果的です!

歯磨きを行う時の力加減に気をつける

大人でも歯ブラシをゴシゴシあてると歯茎を傷つけてしまいます。

歯ブラシが歯茎にあたり、痛い思いをするとこれからずっと歯磨きを嫌がってしまう事もありますので、優しく毛先が歯にあたる程度の力加減で磨いてあげましょう。

 

歯の面に直角に歯ブラシをあてる

歯磨きを行う時の姿勢が悪いと歯の面に直角に歯ブラシが当たらず、赤ちゃんが嫌がることがあります。直角に当たっていれば、力を入れずとも歯磨きが出来るため、お子さんが嫌がることが減るでしょう。

自分で磨かせる

自分で歯磨き

ママがしてあげることにどうしても抵抗するなら、自分でさせる方法はとても有効です。子供は自分でやってみたい!という気持ちを持っています。まあ、完璧にはいかないですが、なんとなく磨けているだけでも「磨けてすごいね!」と褒めてあげてください。

その後、「ちょっと磨けてないところが見つかったから、ママがしてもいい?」と聞いてみるとすんなり仕上げ磨きをさせてくれることもあります。

 

・・ここまで紹介したことは歯磨きを嫌がらせないようにする最低限の基本。わかってるけど、子供が暴れるとそううまくもいかないんだよね・・と感じる方も多いはず。

ここからは、ちょっと裏技的な感じになりますが、どうしても歯磨きを嫌がる子供にぴったりの方法をお伝えします。

<裏>携帯を触らせる

歯磨き時間は普段貸してもらえないスマホや携帯を持たせてもらえる時間!興味のありそうな画面を出しておけば、そこに注目してくれるので、その間にさっと歯磨きを済ませます。

ただ・・この方法はその場しのぎ的なもので、根本的に歯磨きを嫌がらずにさせる作戦ではありません。歯磨きが終わった後に携帯をママの元へ返すのに一苦労するパターンもかなりの確率でありえます。

どうしても無理な時の作戦として考えておいた方がベターです。どちらかというと次の2つの作戦の方がいいかなーと思います。

 

<裏>ご褒美作戦

歯磨きをしたら、何かご褒美がもらえるシステムを作るのも効果的です。

歯磨き後なのでお菓子をあげるわけにはいきませんが、シールやご褒美カード、普段見れない番組を見せてもらえる、飛行機などの体遊びをする・・など子供が好きなものをご褒美にしましょう。

 

<裏>虫歯菌が来る作戦

虫歯菌

ちょっと脅し入りますが(笑)あ!虫歯の悪い虫が見えた!と言ってまずは注目させます。そこからは上手に会話で勝負。

 

ママ「ん?今口の中に虫歯菌が入って行ったで」

子供「??」

ママ「ちょっと見せて」

子供「いや」

ママ「ほんまに入った!うわーーほっといたらどうなるか・・こわ」

子供「・・・」

ママ「いいの?虫食べちゃうで。見てあげる」

子供(なんとかこっちに来る)

ママ「口の中におった!今からとってあげるわ」

ママ「あ!奥の方に逃げた!!待って!」

・・・・・

 

これ、私自身何度したかわかりませんが、ある程度なら何度でも来てくれました。やってるうちにだんだんと歯磨きは怖くないもの、自分の口の中の虫歯菌をとってくれるもの、といった感じで慣れてくれます。

それでもダメな日もありますが、虫歯は怖い。歯がなくなる。すぐそこにいる!しっかり歯磨きしなければいけない!ということを伝えるようにし、必要性を少しでも感じてもらえるようにしましょう。

歯磨き好きになってもらうコツ

コツ

上記のことを実践しつつ、さらに歯磨き好きになってもらうコツをお伝えします!

歯磨き粉の味を美味しく

お子さんは甘い味が大好きです。歯磨き粉の味を楽しむことが出来れば、歯磨きも好きになるきっかけに。

ペーストタイプのものでは口の中に異物が入っていると感じて歯磨きを嫌がるお子さんも多く、さらに歯磨き粉の場合は泡立ちが良いのでよくすすぎうがいをしなくてはいけない場合も多いです。泡がたくさん出てしまうと磨いた気分になってしまうこともあるので注意も必要です。

そんな時は、泡立ちの少ないジェルタイプで味のついた歯磨き粉や、フッ素ジェルのようなあまり洗い流さなくて良いタイプを使ってみてください。

すすぎうがいをするよう伝えても、十分にしてくれなかった時期もあり、よく私も子供に使っていました。

雰囲気自体を明るくする

歯磨きが嫌いなお子さんの前でも楽しい雰囲気で歯磨きを行って、歯磨きタイムを楽しいものにしましょう。

たとえ虫歯菌がいても、歌と歯磨きで撃退!とか逃げ回る虫歯菌にこちょこちょ〜!と言いながら歯ブラシを動かしたり。

私の娘も歯磨きが嫌いでしたが、歯磨きをする時に菌をやっつける歌を歌ったり、子供に顔を近づけたり遠ざけたりする遊びを交えると、楽しく歯磨きが出来るようになりました。

手鏡をつかって、自分が歯を磨いている用を見せる事もお子さんの興味をそそり、歯磨きが好きになるきっかけになるかもしれません。

トラブルにも気をつけて

赤ちゃん・子供の口の中はまだまだ未発達で大人とは違います。楽しい雰囲気であっても、ママは歯磨きに必死になりがち。今のうち!と思ってしまうとどうしても歯ブラシにかかる力が強くなってしまいます。

間違っても歯ブラシに力を加えすぎて磨かないようにしましょう。お子さんが嫌がるだけでなく歯のトラブルになりかねません。嫌がる子供を目の前に、落ち着くことはなかなか難しいのですが、できる限り気持ちにゆとりを持って歯磨きタイムを過ごしましょう。

まとめ

子供が歯磨きを嫌がる時の対処法を中心にお伝えしてきました。

改めてまとめると次の通りです。

  • 赤ちゃん用のゴム歯ブラシで抵抗をなくす
  • ガーゼ歯ブラシをする
  • 子供が嫌がらない歯ブラシ選び
  • 歯磨きの力加減
  • 歯ブラシの当て方
  • <裏>携帯を触らせる
  • <裏>ご褒美作戦
  • <裏>虫歯菌が来る作戦

私の子供たち、3人とも歯磨き好きはいませんでした・・でもなんとか毎日頑張って、今は成長して歯磨きの必要性はわかってくれているし、虫歯0をキープできています。(本当に!)

お子さんの歯磨きに手こずることはあるかと思います。でも健康な歯をキープするには嫌がっても綺麗に磨く努力は怠らないようにしましょう。

すぐにできなくても時間をかけて接していけば、成長と共にできるようになって来ます。また、歯磨きが少しでも楽しくなるよう、紹介して来たこと以外でもこれはいけるかも?というアイデアが浮かんだら、チャレンジしてみてくださいね。

-育児

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.