結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

学資保険

学資保険は入るべき?余裕がない場合はどうしたらいいの?

投稿日:

学資保険は入るべき?

子供が生まれたら学資保険に入ったとはよく聞くけど、実際に自分の子供が生まれた時って学資保険に本当に入った方がいいのか悩むもの。

さらに家計に余裕がないと入ることはできないのかな?と考えてしまいますよね。

私の周りの友人にも色々なタイプがいて、貯蓄をしたいけど自分でする自信がないために毎月無理をしてでも学資保険や他の貯蓄性の高い保険にいくつか入っているタイプや、その逆で学資保険に入る余裕なんてない!っていうタイプ。

学資保険はみんな入っているから自分も入っているというタイプなど本当に様々。

学資保険入った方がいいかどうか迷っている状態で話聞いちゃうとさらに迷ってしまいます。

そこで今回は学資保険に入る余裕がないけどどうしよう?と考えているあなたがどうすべきか?世間ではどれくらいの人が学資保険に入っているのか?

入るかどうか状況別のチェックなどを紹介したいと思います。

学資保険に入る余裕がない!どうするべき?

学資保険は入るべき?

学資保険が気になると言っても、資金がどうしてもギリギリでどう考えても無理があるというなら話になりませんよね?

でも将来のことを考えた結果、やっぱり入りたいとなる場合もあるでしょう。こんな時どうしたらいいのでしょう?

私の考えでは、無理をして学資保険に入る必要はないと考えています。

そもそも学資保険に入りたい理由は主に教育資金を貯蓄するという意味合いが強いはず。もちろん稼ぎ頭に何かあった時の保障という部分も大いにありますが、それは生命保険などに入っていれば賄える部分でもあります。

余裕がないのであれば、学資保険に入る前に毎月計画的に先取り貯金をしてみる。それを続けてみて、できるようなら学資保険に入るという選択もあります。

ソニー損保の学資保険など大きくなっても学資保険には入れます。期間が短くなる分貯蓄性は低くなったり毎月額が多くはなりますが、学資保険加入は焦る必要ないですよ。

毎月貯蓄ができないから強制的に貯めたいという人もいると思いますが、無理をすると普段の生活を圧迫するのでさらに余裕がない生活となり、これはストレスが溜まります。しっかりと検討しましょうね。

でもどうしても・・というのであればもう一つ方法があります・・それは契約者を変えてしまう方法です。

学資保険の契約者はほとんど親権者になりますが、場合によっては祖父母が契約者になれることもあります!

面談

その場合はいくつか条件がある場合がある(年齢や同居の必要性など)ので注意が必要ですが、祖父母も孫のためなら!と加入を進んでしてくれるという場合もあります。

保険会社によって違うので、これも学資保険の面談などで確認したり、比較をしたりするようにしましょう。

人に頼る感じにはなってしまいますが、学資保険にどうしても加入しておきたいならそういう方法もあるということを頭に入れておきましょうね。

あくまで保険は任意です。学資保険は貯蓄性の高い保険なので十分な満期額を得ようとすると家計を圧迫することに。

そんな場合は保険に無理に入る必要もないですし、それでもというなら支払いの少ない掛け捨て型を選ぶこともできます。

<PR>家計に負担をかけず賢く準備>> ソニー生命のライフプランナーに聞いてみる

学資保険に入る割合って世間ではどれくらいいるの?みんなどんな思いで入っているの?

学資保険

私の感覚ではかなりの割合で学資保険に加入している家庭が多いと思います。

感覚だけでなく実際にはどうなんでしょう?

2018年の調査では学資保険に46.3%が加入しています。

約半数近く加入しているから多く感じますが、実は2016年にピークを迎えてからは年々下がってきています。

代わりに預金の割合が増えています。学資保険の利回りの低下や保険料の増加などが影響しているようです。

ただ、自分では貯金はできない!強制的に貯めるようにしたい!という場合にはやはり学資保険は人気の保険の一つなんですね。

では皆さんはどのような思いで入っているのでしょうか?加入した理由で多いのが、ただ単に貯金ができないから・・とかではなく、子供へ愛を示す為というのが多いようです。

どういうことかといいますと、親である自分は子供の為に万が一に備えてあげてる!ということです。たとえ子供に嫌われても子供の為に頑張っていたんだよという姿勢を見せたいという部分があるんですね。

もちろん子供の為に万が一の保障が必要だからという方もいますし、なんとなく保障を付けておきたいという方もいます。

加入する理由は様々ですね。学資保険を考えているのであれば、いくらを掛け金にするか、どこに入るかという前に「なぜ学資保険にはいるのか」を自分自身や家族ときちんと話し合っておくのもいいかもしれません。

学資保険に入るべきかどうか?状況別にチェック!

状況は人それぞれ様々なので、自分が学資保険に入るべきなのか分かりにくいですよね。

ではどういう状況なら入るべきなのか?状況別にチェックしましょう!

家計が苦しく支払えるか不安

そんな時は無理をして入らなくても大丈夫!最近の傾向としても学資保険より銀行預金を活用されている方が多いです!

きちんと将来のことを考えて生活できるのであれば無理に入らなくてもいいんですよ。先取り貯金から始めてみましょう。

家計が苦しくなるかもしれない、将来が不安、だけどやっぱり入りたい・・というのであればプランナーさんに相談すればいいと思います。

最近は無理強いしてこないので、ライフプランを聞いて、納得したら加入するという方法も取れます。

学資保険に面談はつきものなの?必ず必要なのか?何をするの?メリットはあるの?

利回りで少しでも多くしたい

利回りのことだけを考えて加入するのは正直グレーゾーンです。ですが、学資保険は将来的に利回りが良くなれば貰える額が増える場合もあります。

各保険会社の金利などを比較しましょう。積み立てもあれば資産運用して利益上乗せする保険もありますが、前者は利回りが低く、後者は元本割れのリスクがあります。

万が一の保障にしたい

これなら加入しても問題は無いですが、加入の際に他の保険も加入すると安心ですよと言われて保険の数が増えてしまうこともあるので、比較してきちんと検討しましょう。

万が一と言われるとどんどん増えちゃう傾向があるので注意してくださいね。

保険者に万が一の事があれば保険料が免除される保険もありますよ!

貯金の代わりにしたい

毎回銀行でいくら預けるか考えるのが大変な場合は学資保険を使って強制的に預金していく方法もあります。

私の友達は家計が苦しくなっても貯金したいというツワモノもいましたが、それはそれで辛いけど安心感があるようにも見えました。

損得で考えるより無理やりにでも預金感覚でできる保険が合うなら選択肢としてはありかもしれません。ただ、それなら普段の貯蓄や定期預金で十分賄える場合も…。

ですが、保険料を多くすることで確定申告の際に所得控除で節税することもできますので合わせて検討してみましょう!

まとめ

余裕がない状態で無理してまで入るべきか?そんなことはないと私は思います。

しかしやはりメリットもあるので、迷っているならしっかりと疑問をなくすように検討していきましょう。

<PR>教育資金は学資保険で賢く準備>> ソニー生命のライフプランナーに聞いてみる

それから納得するために学資保険以外の保険も視野に入れて検討してみてもいいと思います。

リスクに備えるのは大事ですが、その前に生活に余裕があるか考えた方が良いですね。

-学資保険

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.