結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

断乳を決めた!でも不安・・寝かしつけの方法とつらい時の乗り越え方

投稿日:

赤ちゃんとママ

Profile / Pixabay

生まれた時すぐから、授乳をしながら寝かしつけをしていたママも多いのではないでしょうか。断乳を行った時に困る事が寝かしつけですよね。

私も断乳の後の寝かしつけ問題に直面した一人です。

この記事では断乳後の寝かしつけについて、

  • まずはママが決断!
  • 寝かしつけの方法
  • つらい時どうしてる?
  • 一体いつ落ち着くの?

という内容でお伝えしていきます。私も経験したのでつらさは十分わかります。でもここを乗り越えれば少し楽になり、自分の時間を持てるようにもなります!私の経験も交えてお話ししますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

まずはママが断乳を決断しよう!

寝かしつけ

Kasman / Pixabay

断乳をしようと思った時、子供よりも寝かしつけが気になるママ本人の気持ちが一番引っかかているかもしれません。赤ちゃんにもよりますが、おっぱいを飲みながらでないと寝てくれない子もいます。寝てくれなかったらどうしよう?どうやって寝かす??断乳はまだやめとく??

どうしても考えてしまいますよね。わかります。うちの長女がそうだったんです。

私自身も生まれた時から寝ない娘をどう寝かしつけるといいのかわからず、おっぱいを飲ませることが唯一の寝かす方法でした。私の場合は1歳を機に断乳を決めたものの、この寝かしつけをどうしようか?夜は毎日やってくるものの、迷いながら過ごす日も数日続きました。

同じような気持ちのママも多いと思いますが、でもいつか決断をしなければいけません。断乳をすれば夜中に起きることも少なくなるというし、少しづつ大きくなってきているんだからそろそろ・・という思いもあるし、二人目も考えたい人もいると思います。

まずはママが決断しなければ始まりません。一緒に断乳時の寝かしつけについて考えましょう!

断乳時寝かしつけの方法

寝かしつけ

Arieth / Pixabay

赤ちゃんもいつもおっぱいが寝る時の必須アイテムと考えていた場合、断乳は母子共に最初はつらいことになるかもしれません。

けろっと寝てくれた!なんていう話も少し聞いたことありますが、これは稀な話だと思います。まずは長期戦で頑張る覚悟をしましょう。

少しでもすんなり行くために良いと思う方法を紹介しますね。

まずは入眠儀式を決める。

今まではおっぱいだった入眠儀式を他のものに変えましょう。具体的には以下のような感じです。

  • 部屋を暗くする
  • 背中をトントンする
  • お腹をさする
  • 抱っこして揺れる
  • 子守唄を歌う
  • オルゴールを流す
  • 添い寝する
  • 寝たふりをする

もちろんこれだけではすぐに寝ません。まずは泣きます・・。でもどれがママと赤ちゃんにとって合うのか?を決めて長期に実践するのです。

 

私が実践したのは、

  • 部屋を暗くする
  • 添い寝する
  • 寝たふりをする

です。はじめの数日は抱っこでゆらゆらして寝かしつけようと思ったのですが、全然寝ずに失敗。私の体力ももたなかったです。

次に上記の作戦で寝かしつけを行ったのですが数日は泣いて過ごしました。泣かれるととてもつらい気持ちでしたけど、耐えました。寝る気配がない時は自由に遊ばせることもありました。でもいつからか、寝たふりをした私が毎日寝てしまっていて、ふと横を見ると娘も寝ているという状況に。

私自身も寝てしまっているので、パパが帰宅する時間にまた起きなくてはいけないつらさはありましたが、この方法でやっと断乳寝かしつけ作戦を安定させました。

 

また、断乳時の寝かしつけを成功させるために大切なことは

生活リズムを見直す

ことです。寝かしつけの具体的な方法としては上記の通りですが、この生活リズムが整っていないとそれもすんなりいきません。

昼と夜の区別はきちんとついてますか?寝ない赤ちゃんの場合、どうしても赤ちゃんが寝た時がママの休むタイミングになっていると思います。時間を気にせず昼寝をしていたり、夜も寝る時間がバラバラになりがち。

昼は活動して、夜は落ち着いて過ごし、だいたい毎日同じ時間には寝る体制に入ることが大切です。

そして日中はたくさん活動しましょう!多めに行動すれば夜疲れて寝る可能性も増えます。そして実際に寝かしつける時は、部屋を暗くして「寝る時間」を意識できるようにしましょう。

赤ちゃんの寝かしつけは簡単にはいかないと思います。毎日時間もかかるし、期間も少し時間がかかるかもしれません。赤ちゃんの性格にあった寝かしつけ方法を模索してトライしてください。

つらい時期は必ずいつか乗り越えることができますよ!

でも、しんどい時は出てきます。みんなどう乗り越えているのか?次に紹介しますね。

赤ちゃんの寝かしつけがつらい時どうしてる?

つらい時

Unsplash / Pixabay

断乳直後の寝かしつけは、おそらく赤ちゃんも泣いて、ママが根負けしてしまう可能性がありますよね。ママだって泣きたくなります。

赤ちゃんの寝かしつけがしんどくなった時の先輩ママの対処法をいくつかご紹介します。

諦める

ゆらゆら揺れ続けても寝ない時は寝ないので、諦めて赤ちゃんがしたいことをさせる。ただしおっぱい以外で!これが重要。

乗り物作戦

自転車や車に乗せて近所を回る。揺れのおかげで寝付くことが多い!

見守る

泣いてもひたすら我慢して見守る。赤ちゃんの諦めるタイミングを待つ。(ただしご近所さんの迷惑にならない程度に・・)

自分も寝ることに徹する

「寝かしつける」のはやめて、自分も一緒に横になって寝る。泣いていてもお腹をポンポンとリズムよく優しくたたく。

音楽をかける

暗くした部屋の中で、ひたすら睡眠を誘うと言われる音楽をかけっぱなしにする。

 

・・・・・・

つらい時は、他のママも頑張っていると思って諦めないようにしましょう。私の娘も本当に寝なくて泣きたくなる時がありましたが、今ではすっかり自分で寝ています。つらい時は終わりが来ます!

どれくらいで落ち着くものなの?

落ち着く時間

congerdesign / Pixabay

赤ちゃんの寝かしつけをしていると、つらい時期は頑張って乗り越える!けど・・せめて寝かしつけのゴールはいつなのか教えて!と言いたくなります。

今までおっぱいで寝かしつけていた赤ちゃんの、おっぱいなしの寝かしつけにかかる時間は、本当に個人差があるようです。

2-3日でケロッと寝ることが出来る場合や、1ヶ月近くかかる場合もあります。

赤ちゃんが泣いても、ママは近くにいるよ、という事を分からせてあげることで不安要素を取り除き、生活リズムが整っている赤ちゃんであれば、1週間ほどで慣れてくる場合も多いです。

まとめ

断乳した時、「寝かしつけ」が困る事ナンバー1番にあげられるのではないでしょうか

でもここを乗り越えることができたら・・夜は自分の時間もできると思います。ぜひ、ママにとって負担にならない断乳後の寝かしつけ方法を見出してくださいね。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.