結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

ベビーカーで泣く赤ちゃん!外出先でママも泣きそう・・対処法は?

投稿日:

泣く赤ちゃん

赤ちゃんはお外が大好きです。家で泣いていても、外に出ると泣きやんだりすることもあります。外出は必要な食材の買い物なども多くありますが、ママの気分転換にもぴったり。子供と楽しい外出ができれば子育ての思い出にも残ります。

でも、ベビーカーに乗せようとすると泣いて嫌がる赤ちゃんがいます。外出中ずっと抱っこをするのはきついので、特にママ一人で出かけるときはベビーカーに乗ってほしいですよね。

せっかく外出しても、赤ちゃんがベビーカーで泣く場面が多くなるとしんどかったり、買い物の時なんかは荷物もあるので抱っこもしにくく特に大変です。泣き声も、電車内などでは気になります。

この記事ではベビーカーで泣く赤ちゃんの原因や対処法をご紹介します。そしてベビーカーで泣くどころか乗る前に乗車拒否する場合の対策も合わせてお伝えします。お出かけ時に便利なベビーカーに乗ってもらうために、参考になれば幸いです!

ベビーカーで泣く赤ちゃん。なぜ泣くの?

ベビーカー

ベビーカーを嫌がる原因は様々です。ベビーカー自体がいつも嫌と感じる赤ちゃん、気分によって時々嫌がる赤ちゃん、初めは喜んだ様子だったのに、途中で嫌だと泣き出す赤ちゃん、途中でお腹が空いてしまった、暑い・寒い、抱っこしてほしい。

理由をあげるとキリがないのですが、ママとしてはベビーカーに乗ってもらわなければ困る状況も多くあると思います。

なぜベビーカーに乗ると泣いてしまうのか、その原因を見つけ出すのは大変ですが、できるだけ取り除くよう努力をし、赤ちゃんにとってベビーカーに乗ることが楽しいことだと感じれるように工夫しましょう。

ベビーカーで泣く赤ちゃんに、できる対処法を次からご紹介していきますね。

ベビーカーで泣く赤ちゃん対処法

赤ちゃん

スリングを常に持っておく

一人でベビーカーを押していて泣かれてしまうと、ママもそわそわしてしまいます。まず、焦って事故を起こしてしまうことがないように準備をしておくことは最も大切なことです。

スリングを持っておけば、抱っこしても両手が開くので、安全に抱っこしながらベビーカーを押すこともできます。ベビーカーで移動するときは常にスリングも持っておくようにしましょう。

とにかく抱っこ

我が家の長女はベビーカーを嫌がることが多かったので、パパがいる時はずっと抱っこをしてもらっていました。無理にベビーカーに乗せようとせずに、抱っこをしてあげることも一つの選択肢。

ただ、ママ一人の場合はずっと抱っこでベビーカーがなければ、買い物など何にもできないのでやはりスリングを併用するのがおすすめです。

おやつ

ベビーカーに乗る子供がおやつを食べている姿をよく見かけます。子供はおやつが大好きなので、食べている間はベビーカーが嫌という事を忘れさせることが可能。大人しく座ってくれる事が多くあります。

ただ、おやつをだらだら食べてしまうと虫歯の心配も出てきますのでほどほどに・・。

即効性があるので、早く静かにしておかないといけない場面ではとても効果的です。

温度の調節をしよう

赤ちゃんは、暑い、寒いなど温度が不快で泣いてしまうことがあります。

ベビーカーは比較的低めに作られているため、地面に近く夏場は熱くなりやすいです。またホコリなどの粒子濃度も高いため、空気の汚れに敏感に反応しする場合も。

冬場は寒いと感じ、ひんやりした感覚に不快感を覚え、嫌がっていることがあります。季節に応じた対応が必要です。

冬はベビーカーに乗っている赤ちゃんにブランケットやフットマフをかけてあげて、冬場寒さをしのぐようにしましょう。夏の暑い時期は、ベビーカーの背中部分に保冷シートを敷くと涼しくなり、機嫌よく赤ちゃんがベビーカーに乗車することが出来ます。

汗取り布を入れるのもおすすめ。背中と服の間にガーゼを挟んでおき、汗をかいたらそのガーゼだけを抜いてあげます。汗を吸ったガーゼが取れるので、あせもを防ぐにも効果的です。

あせも対策!赤ちゃんにしてあげたい対処法と付き合い方

赤ちゃんのあせも。まずは薬を使わずホームケアを徹底しよう!

休憩を入れる

ベビーカーに乗っている時は、適度に休憩を挟む事も重要です。大人でもすっと同じ訂正でいるとしんどいですよね。

止まってベビーカーから適度に降ろしてあげてください。

ママの顔が見える体制を

ベビーカーが前向きの姿勢の場合、ママの顔がずっと見えないので子供が不安になる場合もあります。

まだ小さいうちは対面式のベビーカーにすると赤ちゃんは安心するでしょう。前向きのベビーカーの場合でも信号で止まった時など、赤ちゃんの目線に合わせて会話をしてあげると、ベビーカーは安心だと思い、嫌がることが減るでしょう。

おもちゃをつける

ベビーカーの赤ちゃんから見える部分におもちゃをつけてあげると夢中になって遊んでくれることもあります。

私の経験から言うと、おもちゃに夢中になってくれない時もよくあったのですが、つけててよかった!と言う場面もありました。つけておくことで泣くことを少しでも減らすことができます。

おむつをチェックする

ベビーカーに乗ることが嫌というより、オムツが気持ち悪く座り心地が悪いと言う場合も多いです。座ると湿り気を余計に感じたり、かぶれたりしているところに触れたりして泣いてしまうのかもしれません。

オムツ替えをして様子を見るようにしてください。

 

のりものごっこ

私がよく使っていた作戦です。危ないこともあるので、広い場所で安全に配慮して行動しなければいけませんが、ベビーカーを乗り物に見立て、ブーーンと効果音付きで楽しい乗り物に変身させます。

私の子供はこれに毎回興味津々で、なんとか楽しげに乗ってもらった後、ちょっと移動するねーと言いながら目的地へ(笑)

早い、遅いの強弱や、声で効果音を言ったりするだけで、普通の移動もベビーカーで楽しい道のりに。

楽しんでくれるとテンションも上がるので、お出かけに乗り物ごっこ作戦は効果的でした。

歩いて疲れさせる作戦

もうベビーカーには乗らないでいいよ。と余裕の表情を見せながら、頑張って歩こうねと促し目的地へ向かいます。

まだきっちり歩けない年齢かもしれませんが、時間にゆとりを持って出かけるようにし、できるだけ付き合ってみてください。

疲れてきた頃に、乗る?とベビーカーに誘ってみましょう。これもよくやりましたが、効果ありました!

乗ることすら拒否する場合は?

泣く

初めは乗ってくれて途中で嫌がるならまだしも、ベビーカーに乗ることすら嫌がる赤ちゃんもいます。

そんな時は、ベビーカーに赤ちゃんが好きなおもちゃやキャラクターグッズを取り付けて、興味をそそるような工夫をしてみてください。まだまだごまかしが効く年齢なので、ごまかし作戦も使っていきましょう!

食べることが好きな赤ちゃんには、ベビーカーに乗ればお菓子をあげるよ、という交換条件作戦も有効です。

歩きたいという意志からベビーカーに乗ることを拒否している場合は、少し一緒に歩いてあげてください。少し時間は必要ですが、赤ちゃんがしたいことにお付き合いをしてあげてください。その後、ベビーカーに乗るように促すとすんなり行く場合もあります。

まとめ

ベビーカーを嫌がる理由は様々ですが、一度乗って楽しいと感じてしまえば機嫌が良くなることもしばしばあります。

逆になかなか泣くことが治らない場合もあり、ママは途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

ベビーカーで泣くことを克服するためには苦労があるかもしれませんが、今回紹介した対処法をぜひ試してみてください。

あと必要なことはパパやママの気持ちの余裕。余裕がなくなってしまうとどうしてもイライラしてしまい、赤ちゃんにもそれが伝わり余計に泣くこともあります。

途中で泣いても大丈夫なように、スリングなど準備をしておきましょう。もしものときも安心です。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.