結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

ベビーバスはいつまで使う?お風呂移行時の注意点と嫌がる時の対処法

投稿日:

ベビーバスでお風呂

新生児のお風呂といえばベビーバスを使って沐浴をしていると思います。初めのうちは何の疑いもなく使用していても、大きくなってくるとベビーバスはいつまで使えば良いのかと迷うようになると思います。

この記事では、

  • ベビーバスはいつまで使う?
  • お風呂に移行するときの注意点
  • お風呂を嫌がったらどうする?

この3点についてお話しします。ベビーバスに入る姿は何とも言えず可愛いですが、準備や姿勢の関係で腰が痛くなったりなど、ママもなかなか大変。

お風呂にスムーズに移行するために知っておいた方が良いことをまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね!

ベビーバスはいつまで使う?

赤ちゃんのお風呂

一般的にベビーバスをいつまで使うのかと言うと、1ヶ月検診で赤ちゃんに問題なければ卒業しても問題ないとされています。

ではそもそも、なぜ新生児の頃にベビーバスを使う必要があるのでしょうか?

理由は赤ちゃんの抵抗力にあります。

お風呂は雑菌だらけと言うことは聞いたことがあると思います。私たちにとってお風呂のお湯は快適温度ですが、菌にとっても快適な温度です。

表面的には掃除をして綺麗にしているつもりでも、配管には雑菌がついているので菌は時間とともに増殖します。新しいお湯と使った後のお湯の雑菌の数を比べると数百万倍とも言われています!

私たちのような大人にとってはある程度の菌を恐れることはありませんが、新生児となれば別。

赤ちゃんは抵抗力が弱いので感染症を引き起こす危険性があるのです。さらにへそ部分はデリケートな部分です。へその緒が取れると言うことは、傷口があるのと一緒。へその緒が取れるか取れないかの新生児であれば、尚更、菌がたくさんいるお風呂に入るのは危険です。

1ヶ月検診では先生がへその緒が乾いているかを確認し、状況によってお風呂オッケーとの指示がでます。乾いていないと雑菌などが入ってしまう可能性があるため、お風呂ではなく、ベビーバスを使う必要があるのです。

ただし、生後1ヶ月でお風呂オッケーが出たとしても赤ちゃんはまだまだ小さいです。感染症の心配が取れない、首が座っていなくて怖い・・などパパやママと一緒のお風呂に入ることに抵抗があるようであれば、生後4ヶ月や5ヶ月ごろまで使用しても問題ありません。

ベビーバスは最低でも1ヶ月は使い、卒業時期はいつでも良いと考えておきましょう!

私の場合は一人目の娘は初めての子育てでなかなか安心ができず、ベビーバスがきついなと感じる頃まで使っていましたが、二人目以降は色々大変だったので検診でオッケーがでた後は即お風呂にしました(笑)

ついにお風呂に!注意点は?

お風呂

ベビーバスの卒業は生後1ヶ月以降ですので、早ければお風呂には生後1ヶ月ごろに入ることになります。

パパやママと一緒にお風呂に入れることによって、沐浴の時間を別に取らなくてよくなるぶん少し楽になると思います。

ただ慣れないことをしなくてはいけないので、注意をしておく部分もありますので、お伝えしていこうとおもいます。

段取りよく

お風呂に入れる時は、赤ちゃんを置くマットにバスタオルを広げたり、お風呂上がりに着る服のセットを事前に準備しておきましょう。沐浴時と同じスタイルと考えて問題ありません。

赤ちゃんがお風呂からあがって、すぐに着替えができる状態にすれば、湯冷めすることを防げるでしょう。

赤ちゃんを洗うときもスムーズに

赤ちゃんはパパやママの太ももの上に仰向けにおくような感じで支え、顔や首、お腹や手足、背中の順に洗ってあげると、お風呂場でスムーズに動けるでしょう。

抱っこして洗うことが難しいようであれば、お風呂マットをひいて、その上に寝かせても良いでしょう。

また石けんタイプのシャンプーもありますが、泡タイプの物を選べば、片手で使うことが出来るのでおすすめです。

赤ちゃんを落下させないで

何よりも初めての大きなお風呂に入れた時の不安は赤ちゃんを落としてしまわないかどうか?でした。

石鹸を使うとどうしても滑りやすい環境になります。シャワーをとったり、水を出したりシャンプーをとったりと気をつけていても動きが多くなります。片手で色々行うことで、バランスを崩したりと危険はいっぱい。

滑って硬いお風呂の床に赤ちゃんを落としてしまわないようにだけは気をつけておかなくてはいけません。心配であれば、お風呂マットをあらかじめ敷いておいたり、先ほどお伝えしたようにマットにおいて洗ってあげればより安心です。

自分を洗うときのこと

赤ちゃんを抱えながら自分を洗うのもとても危険です。自分自身を洗ってから、赤ちゃんを呼ぶようにすれば安心です。

長湯はしない

赤ちゃんはのぼせやすいため、湯船には2~3分程度浸かるのみにしましょう。長湯はしてはいけません。入浴時間は合計10~15分以内にとどまるよう注意してください。

お風呂を嫌がった時の対処法

お風呂

私の子供は全員お風呂がかなり好きな方で、泣いていてもお風呂に入れると泣き止むことが多かったのですが、ママ友の話を聞いているとお風呂に入るときに泣いて苦労していたと言う話もよく聞きました。

お風呂場は赤ちゃんにとって未知の世界です。慣れないシャワーの音や水圧、お風呂場の温度が暑い、冷たいなど様々な理由で嫌がることがあります。

もしもお風呂を嫌がる場合はどうしたら良いのでしょうか?そのときは次の点を試してみてください!

  • できるだけ機嫌の良い時間帯にお風呂に入れる
  • ベビーバスに戻してみる
  • 温度を調節してみる
  • シャワーをやめて洗面器でゆっくりお湯をかける
  • 授乳をしてから入浴してみる
  • 裸が不安?ガーゼやタオルをかける

まとめ

ベビーバスはいつまで使ったらいいのか?については

  • 最低 生後1ヶ月まで
  • 卒業時期 いつでも

と言うことでした。へその緒がしっかりと乾いているかどうかはしっかりと確認してくださいね。

特にいつまでじゃないとだめ、と言うことはないので、パパがいる時はお風呂、ママだけの時はベビーバスで簡単にお風呂を済ますという使い方も可能ですよね。

生活しながら、ママやパパ、赤ちゃんにとって快適で、清潔になれるよう良い方法を選びましょう。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.