結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

妊娠

足を組むと胎児に影響はあるの?今すぐ確認して癖を治そう!

投稿日:

足を組む

fabifer / Pixabay

癖の中でも、かなりメジャーな癖といえば足を組むことではないでしょうか?足を組んだことがない人はかなり少数派なような気もします。

妊娠したからと言って、足を組む癖はすぐに抜けるものでもありません。でもお腹の赤ちゃんのことは気になりますよね?

足を組むことで胎児に影響はあるのでしょうか?この記事では、

  • 足を組むと胎児に影響はあるの?
  • 足を組むことで起こる悪影響
  • 足を組む癖を治す方法

この3つについてお伝えしようと思います。足を組む癖は治しておいた方がいい・・と妊娠をする前から考えていた方は多いのではないでしょうか?胎児のこともあるので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います!

足を組むと胎児に影響はあるの?

足を組む癖

Pexels / Pixabay

妊娠中に足を組むことの影響で一番心配なのはやはり胎児への影響です。

足を組むことが赤ちゃんに直接の悪影響を及ぼすということはありません。ちょっと安心ですね。ただ、間接的によくない事はあります。

全ての妊婦さんに影響があるというわけではないのですが、下記のような可能性があるということを知っておくと良いですよ。

逆子になりやすい

出産時に逆子になっていると、帝王切開になったり難産になったりします。定期検診でも、逆子になっていませんよ、などアドバイスしてもらえますよね。安産で産むためには、逆子でないことが一つの条件となります。

足を組むことによって下半身の血流が悪くなり、腰、足が冷え、子宮も冷えてしまいます。

子宮内が冷えてしまうと、赤ちゃんは逆子になりやすいと言われています。本来、重たい頭は下に向けておくことが自然。ですが頭(脳)を冷えから守るために、暖かい心臓付近に頭を近づけるような体勢になるんです。

妊婦さんが足を組むと、胎児の居場所である子宮内が冷える原因となってしまうことがあるのです。

ストレス?

足を組むことは、緊張感を表していると言われています。

妊婦さんはなるべくストレスがかからない生活をするべきです。ストレスはいろんな部分に悪影響を及ぼす原因となります。

足を組んでしまってる場合は自分にとって何かストレスとなっていることがないか?も考えてみてください。

足を組むことで起こる悪影響

足を組む

sirindablog / Pixabay

妊娠していると足を組むことでの胎児への影響が心配する一つな訳ですが、妊娠していても、していなくてもやめたい癖の一つです。

改めて、どんな悪影響があるのかをお伝えしておきますね。

体に歪みが出る

実際に左右対称である人はほとんどいないのが現実ですが、足を組むことによって歪みを酷くしてしまうことがあります。

体の歪みはいろんな部分でよくないことが起こるので、できるだけ歪みは少なく保つようにしておかなくてはいけません。足を組むことで、片方に重心をかけている状態が続くので、体の歪みはひどくなる一方です。

肩こり・腰痛

体の歪みや血流が悪くなることで肩こりや腰痛の原因となります。

むくむ

血流が悪くなるとむくみの原因にもなります。体重管理が必要な妊婦さんなのに太りやすくなったり、さらに冷えの原因となったりと悪循環が起こります。

 

・・・・・・・

このようにいろんな悪影響を及ぼす可能性がある足組み。妊娠している場合は特にやめたいですし、逆に妊娠したことで癖を直すきっかけにする事もできるのではないでしょうか?

この機会に足を組む癖は直してしまいましょう!次に足を組む癖を直す方法をお伝えします!

足を組む癖を治す方法!

椅子

Alexas_Fotos / Pixabay

足を組む癖は今すぐ治してしまいましょう!

とにかく意識する

正直なところ一番大切なのは「意識」です。私も足を組んでしまう癖があったので治そうとした時、やはり一番大切なのは意識だと感じました。

どの方法を試しても、意識は必ず必要。どうしても癖なので、ついつい足を組んでしまいます。その時に足を組むのを止めるには意識だけが頼りです。

あ!足を組んでしまった!と思うことを繰り返していることが大切!

椅子の高さを見直す

椅子の高さが自分に合っていないとバランスが取りにくく感じ、足を組んで安定を求めるようになります。足が浮かない椅子にしましょう。

椅子に深く腰掛けるようにする

椅子に深く腰掛けることでバランスが取りやすくなります。足を組まなくても安定感のある座り方にすることで、癖を直していきましょう。

足にクッションを挟む

足にクッションを挟むと、足を組めなくなりますよね。そのままですけど、意識づけにはぴったりの方法です!

筋肉を柔らかくして鍛える

ストレッチなどをして筋肉を柔らかくし、内転筋を鍛えることで、骨盤の歪みを防ぎます。鍛えられていないと足が開いてしまうので足を組みがちになるのです。

お腹が大きくなったら

妊娠後期に入るとお腹がどんどん出てきます。そうなると足を組むのも大変になりますので、自ずと足を組むことができなくなりやめることができると思います。

ただ、できるだけ早く直しておきたいですし、妊娠していなくても足を組む癖は治しておく方が良いので、意識しながらやめれるよう頑張りましょう。

まとめ

足を組むこと・・いい影響があるとはみんな思ってはいないけどついついしてしまうもの。妊娠したことをきっかけにでもいいので、できれば早くやめたいですね。

-妊娠

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.