結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

赤ちゃんのあせも。まずは薬を使わずホームケアを徹底しよう!

投稿日:

赤ちゃんのあせも子供を産む前は赤ちゃんのお肌はツルツルすべすべかと思っていたのに、すごく汗っかきですよね。汗をかくと心配なのが、あせもです。

私も夏は本当に子供のあせもに苦労しています。

できるならあせもになる前に防いであげたいと思うのが母心ですよね。この記事では、毎日の生活であせも対策に効果的なホームケアの方法をご紹介します。

でもどうしてもあせもになってしまう場合も。そんなときのために

  • 市販薬はどうか?
  • 受診する科はどこか?
  • 乳児湿疹とあせもの違いは?

についてもまとめます。ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんのあせも!薬なしのホームケア

あせもになりやすい場所は、汗が溜まりやすい場所や汗が常に出てくる場所になります。それに空気の入れ替わりがしづらい場所にも、あせもは発生します。

具体的な場所でいうと、おでこやうなじ、服の下である背中、おしり、ひじ(内側)、膝(内側)などが代表的な発症場所としてあげられます。

見た目にも痛々しいだけでなく、赤ちゃん本人も不快です。もちろんひどくなれば薬を用いて治してあげるべきですが、まずは日常生活を見直してあせもをできるだけ作らせない対策をすることが第一です。

お家で簡単にできる赤ちゃんのあせも対策を紹介します。

汗をこまめに拭く

皮膚に汗が残るとあせもの原因に。逆に皮膚に汗が残らないようにすれば、あせもを防ぐことができます。お風呂やシャワーに入る回数を増やしたり、ガーゼタオルやウェットタオルなどを持ち歩いたりしましょう。

ただしお風呂やシャワーではさっと汗を流す程度に。石鹸を使って一日に何度も洗うと乾燥肌になったり風邪を引く原因になったりしますので注意してください。

シャワーの温度は低めに設定する

体温が上がるとかゆみが出ます。熱い湯船に長い時間入ってしまうとあせもがかゆくなり、結果ひどくなる原因になります。あせもになりそうな時はぬるめのシャワーを浴びるようにしましょう。

着る服に気を遣う

服によっては肌にペタッとくっつくものや、通気性の悪いものもたくさんあります。赤ちゃんが着る服は通気性が良いものや汗を吸収する素材のものを積極的に選びましょう。

エアコンを活用する

赤ちゃんにとっての快適温度は24~26度と言われています。エアコンばかりどうなんだろう?という気持ちはありますが、エアコンを使用して室内温度を調節し、汗をかき過ぎないよう調節することはあせもを作らせない、悪化させない対策となります。

扇風機についてはこちらの記事を参考にしてください。

赤ちゃんへの扇風機の当て方!こんな風に気をつけて使ってあげよう!

おむつ交換の回数を増やす

おむつの性能は年々上がり、近年は通気性が良いものもたくさん販売されていますが、それでも通常のパンツより蒸れることは間違いありません。

おしっこがたまる部分もそうですが、締め付けているお腹周りや太もも周りにも気を配り、あせもの季節は特にこまめに替えるようにしましょう。

ベビーバウダーを使う

昔は天花粉が使われることが多くありました。私も天花粉を良くパンパンとつけられていましたが、効果はベビーバウダーと同様で、汗を吸収し、肌を乾燥させる効果があります。

お風呂上がりなどに使用してください。ただし、つけすぎは逆効果になるという話もありますし、すでにあせもが出来ている場合は、悪化させる可能性があるためお気をつけください。

リンパが集まる部分を冷やす

お子様用の保冷パックをタオルにくるみ、うなじ部分などを冷やしてあげましょう。そうすることで体温が下刈り、発汗作用を抑えることができるのであせももできにくくなります。

保湿する

皮膚のバリア機能が低下すると汗の刺激に負けてあせもができてしまいます。低下したバリア機能を復活させるためには保湿が必要です。夏場でもそれは同じ。あせもができる前の予防法として保湿は有効です。

・・・・

ホームケアであせもができない環境を作るのが一番ですが、とは行っても外出もするし、汗をかく機会はどうしてもあります。できてしまったあせもは放置しているとひどくなります。

あせもができてしまった場合の薬についてと受診科について次に見て行きます。

市販薬はどう?
受診するなら皮膚科?小児科?

市販薬

あせもに対する薬は、薬局や病院受診でもらうことができます。あせもに使用する薬はステロイドや抗ヒスタミン剤が含まれている薬を使用することが多いです。薬局でも赤ちゃん向けのあせもの塗り薬も販売しています。

ただし市販薬はステロイド以外にもいろんな成分が少しづつ配合されているものもあります。私としてはできるだけ病院に行って診断の上薬をもらうことをオススメしますが、休日や時間のない時は市販薬を買うこともあると思います。購入する時は、薬局の薬剤師さんにしっかりと効能や副作用などを確認の上、買うようにしてください。

また、受診せずにステロイド剤を使うことに抵抗があるママ・受診する時間を持てる場合はやはり病院受診をおすすめします。

とはいえ、いざ病院に行く時の赤ちゃんのあせもについて受診する場合、皮膚科にすべきか小児科にすべきか悩みますよね。

基本的にはどちらでもあせもを見てもらうことはできますが、迷う場合や赤ちゃんがとても小さい場合は、まずかかりつけの小児科に相談に行くと良いです。

先生の指示に従うと良いですが、小児科は赤ちゃんの事を専門にしている病院ですから、症状に合わせてあせもの薬も出してくれることがほとんどです。

もし近所に小児皮膚科と言われる皮膚科があるのであれば、小児科でなくとも皮膚科に行っても問題ありません。私自身は、娘が少し大きくなってからは皮膚科に連れていくこともありました。子供の受診を多くしているとだんだんあせもの知識もついてきたことや、かかりつけの皮膚科もできたからです。

乳児湿疹との違い

赤ちゃん

新生児の頃から現れるブツブツに乳児湿疹というものがあります。生後3ヶ月前後までに顔を中心に現れる湿疹が乳児湿疹と言われ、原因は皮脂の分泌が過剰に起こっているためです。こちらは月齢と共に治まってくることが多く、黄色っぽい色のものが顔に出たりします。

一方、あせもは汗が皮膚内で詰まることが原因で発生します。白っぽい透明がかったあせもや赤い汗もがあり、全身に出る可能性があります。

初めての子育てならなおさら、この乳児湿疹とあせも2つを見分けるのがむずかしいかと思います。下手に乳児湿疹にあせもの薬などを塗ってしまうのも良くないので、もし迷ったらやはり病院に行くと安心です。

汗の季節になったら、上で紹介したホームケアも忘れずにあせも対策もしっかりおこなってくださいね。

まとめ

あせもはひどくなると、痒みも発生し、掻きむしってしまうと化膿してしまったりとびひの原因になってしまいます。

相手は赤ちゃんですから、かかないように伝えてもまだ理解が難しいと思います。ホームケアを徹底していてもあせもになってしまう場合もあります。そんな時はあせもがひどくなる前に病院を受診し、適切な薬を処方してもらう事が、早く治す秘訣です。

またあせもがひどくならないよう、ママは日常の生活で出来る工夫はぜひ続けてくださいね。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.