結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

赤ちゃんをひとりでお風呂に入れる段取り・うまくいかなかった事

投稿日:

一人でお風呂

赤ちゃんをひとりでお風呂に入れることは、初めての出産の場合、今までにほぼ経験したことのないことだと思います。ベビーバスを使っている頃は良いですが、1ヶ月検診が終わりお風呂に入っていいよと言われても、どのようにすれば赤ちゃんを一人で段取りよくお風呂に入れることができるのかわからないと思います。

生後1ヶ月の頃はママは寝不足気味なことが多いです。パパが帰宅するのが遅い場合、できれば効率よくママも赤ちゃんも一緒にお風呂を済ませたいものです。

この記事では

  • 赤ちゃんをひとりでお風呂に入れる流れ
  • 一人でお風呂に入れるとここがうまくいかない!
  • 特に気をつけておきたいこと
  • お風呂が快適になるお役立ちグッズ

についてお話しします。

私自身もパパの帰宅が遅いことが多いため、何人子供が生まれても、自分一人で赤ちゃんをお風呂に入れることがほとんどの毎日。

初めはいろんなお風呂の入り方を試してみたの時期もありましたが、なんだかんだでこの方法が一番効率がよかったと思っています。とはいえうまくいかなかったこともありましたので、一人でお風呂に入れることで困ったこともありのままお伝えしていこうと思います。

状況は家庭により色々だと思いますが、ぜひ参考にしていただければと思います!

赤ちゃんをひとりでお風呂に入れる流れ

お風呂のタオル

毎日パパがいてくれるとも限らないお風呂時間。頼る人がいなければママが赤ちゃんをひとりでお風呂に入れることになりますよね。

服を着ながら赤ちゃんだけ・・とかも考えたこともありますが、濡れてしまうし、腰は痛いしでやりづらいと感じました。少しでも1日の仕事を減らしたかったので、できれば自分も同時に入ってしまいたいとも思いました。

自分と赤ちゃん、二人のお風呂を一度に済ませるには入浴前の段取りが大切となります。私がとっていた方法は数ある方法のうちの一つではありますが、参考として具体的にご紹介したいと思います。

段取りが大切!

沐浴の時も同じではありますが、まず赤ちゃんのお風呂上がりに必要なものはお風呂の前に確実に用意をしておきましょう。ここがひとりでお風呂に入れる時の最大のポイントです。用意するものは以下の通りです。

  • 赤ちゃんを置くマット(バスタオル用)
  • 赤ちゃんを置くマット(お着替え用)
  • バスタオル
  • 着替え全て
  • おむつ
  • おへそケアセット

濡れた赤ちゃんを抱っこしながらバスタオルを取るなどするのはとっても危ないですし、自分自身も濡れた状態でお風呂から出てくるので段取りがうまくいかない場合あとあと苦労します。

バスタオルはマットの上に広げておき、お風呂から出たら濡れた赤ちゃんを寝かせられるようにしておきます。そのすぐ横にもう一つのマットを用意します。このマットはお着替え用とし、下着とカバーオールなどを服を着た状態と同じようにあらかじめ重ねて広げて置いておきます、さらにその上におむつも広げて準備しておきます。

すぐ手の届くところにおへそケアセットも準備しておきましょう!

赤ちゃんはバスルームのそばで待機!

上記の準備が済んだらバスルームのすぐそばに赤ちゃんを待たせます。そのとき脱衣所に危険なものは置かないようにします。

少しばかり目を離してしまうことになってしまうことが予想されるので、赤ちゃんは安全な状態で寝かせて置いてください。バウンサー・ベビーラック(後述します)があれば、赤ちゃんを固定することができるので便利です。

まずはママが入浴

まずはママが入浴します。赤ちゃんがバスルームの外で待っているのでゆっくりとはいきませんが、自分自身を洗ってしまいましょう。

冬は寒いので、可能であれば湯船にも浸かり、バスルームのそばで待っている赤ちゃんを中に入れます。

赤ちゃんを洗う

次に赤ちゃんを洗います。

赤ちゃんにとってもお風呂はまだ慣れない場所だと思います。目を見て話しかけてあげると安心すると思います。長い時間をかけないように心がけながら、全身を洗ってあげましょう。

洗いおわったら一緒に湯船に浸かり、温まったら二人でお風呂を出ます。

赤ちゃんの着替え

ここであらかじめセットしておいたものが効果を発揮します!バスタオルを広げてあったマットに赤ちゃんを置き、まずは赤ちゃんを拭いてあげましょう。

拭き終わったら横にあるお着替え用のマットに赤ちゃんをスライドさせ、広げておいたオムツをつけて、重ねておいた服を着せます。

これで赤ちゃんのお着替えは完了。ラックなど安全な場所に赤ちゃんを移動し、次はママの着替えをしましょう。

・・・・

入浴の流れはざっとこんな感じ。段取りよく行くよう準備しておくことで赤ちゃんをひとりでお風呂に入れることは可能なんですが・・正直なところ、実際は思ったほどすんなりいかない部分もでてきます。

私がひとりでお風呂に入れて、ここが困った!という具体的なところを次にお話ししたいと思います。

ひとりでお風呂に入れると・・ここが困った!

困った

水滴が赤ちゃんにかかる!

自分は後回しにして、赤ちゃんを優先的に拭いたり着替えたりさせるのはいいのですが、ママの水滴が赤ちゃんやセットしておいた着替えにポタポタ落ちちゃうんです。

だからと言って自分を完璧に拭いていると赤ちゃんが湯冷めしそうで心配でした。

私はひとり目も、二人目もバスローブを使って乗り切りました!

冬はママが寒い!

お風呂上がりの段取りをどんなに考えてセットしておいたとしても、ママが体を拭くのが後回しになる状況になりがち。濡れた体は冷えやすく、どんどん寒くなってきてしまいます。

上記の通りバスローブを羽織ると寒さはましになりますが、脱衣所に暖房を設けたり、湯船で温もる時間を調節したりして風邪をひかないように注意しましょう。

ママが風邪をひいてしまうとあとあと大変です。赤ちゃんももちろんですが、ママ自身の防寒もしっかり考えるようにしましょう!

脱衣所で待たせると泣き出す

ママが入浴している時間中ずっと大人しく赤ちゃんが待っていてくれるとは限りません。どちらかというと泣き出してしまうことの方が多かったように思います。寝てくれているととても助かるのですが、そんな時は私の場合あまりなかったです。

ただでさえ待たせていると焦る気持ちがあるのに、泣かれてしまうとしっかり入浴できた気がしないですよね・・。ある程度は泣かれていても仕方がない、という気持ちで自分を洗っていましたが、まだまだベビーバスでも対応できる年齢。

あまりにもママがストレスを感じるようならベビーバスでの入浴にもどしても良いと思います。

ベビーバスはいつまで使う?お風呂移行時の注意点と嫌がる時の対処法

赤ちゃんがねんねの時期はお風呂もなかなか大変ですが、おすわりやつかまり立ちができるようになるとバスルームの中で待たせることもできるようになってきますので、それまでは赤ちゃんがご機嫌な時間にお風呂にしたり、バウンサーに乗せてご機嫌をとったりなどして乗り切りましょう。

ママの肌が心配!

普段入浴後には化粧水など肌のケアをしているママがほとんどだと思います。でも赤ちゃんをひとりでお風呂に入れると、赤ちゃんのお世話が第一優先となります。そうなると肌のお手入れが後回しに・・。

赤ちゃんの着替えを終えた頃にやっとスキンケアをしようと思うとすでに肌が乾燥状態に・・。産後のデリケートな肌なのに、こんなことを続けてたら将来の肌が心配です。私もこれはいけない!と思い、化粧水をお風呂に持って入るようにしました。

もちろん自分のスキンケアに時間を十分にかけることはできませんが、お風呂から上がる直前にパパッと化粧水だけは一塗り。これだけで全然違います。自分が洗った後に赤ちゃんが寝ていてくれるようなら、赤ちゃんをお風呂に迎え入れる前に塗るのが良いと思います。

自分のことは自分以外誰も気にしてくれないから、スキンケアも赤ちゃんとお風呂に入る際には、やらなくてはいけないリストに入れておきましょう。

・・・・・・

どうしても赤ちゃんをひとりで入れようとするとバタバタはしてしまいますが、絶対に気をつけなくてはいけないことは事故です。次の注意点だけはしっかり意識するようにしてください。

ひとりでお風呂に入れる時の注意点

赤ちゃんのお風呂

Pexels / Pixabay

湯船は危険という意識を常に持つ!

子供の事故で多くを占めるのが「不慮の事故」です。赤ちゃんの場合はほとんどが家庭内の事故をさすことになりますが、その原因の多くを占めるのが浴槽への転落による溺死や溺水です。

まだ新生児のうちは自分で動くことはできませんが、何かの拍子で転落してしまうという場合も考えられます。つかまり立ちをする頃などは尚更です。いつどんな時にどんな状況で起こってしまうかわからないのが事故ですので、湯船は危ないという認識を子育ての間は特に持っておかなくてはいけません。

水が少なくても同じ。10センチに満たない水深であっても子供は溺れてしまいます。

バスルームの中で待たせることができる月齢になっても、蓋を閉めておくなどの工夫は必ずしてください。

誤飲も考えられる

お風呂場には誤飲の原因になるものもたくさんあります。小さくなった石鹸を始め、シャンプー・リンスやボトルの蓋などを口に運んでしまうかもしれません。

お風呂場にはいらないものは置かず、置くものも手の届かないところに置くなどの工夫をしてくださいね。

湯冷めにも注意!

お風呂の後は濡れた部分がすぐ冷たくなってしまいます。体が小さい赤ちゃんは特に、濡れた状態で入浴後に待たせてしまうと風邪を引く可能性が高まります。

段取りをよくすることはもちろん、部屋の温度にも気を配るなどしてください。

 

・・・・・・・・

どんな時も事故だけは起こらないように、注意を払いましょう。

そのためにも、使えるお風呂グッズなどは活用すべきです。次はお風呂に関するグッズを紹介します!

お風呂の時のお役立ちグッズ

まず、私が気に入って使っていたのはこちら!

バウンサー

バウンサーはとても重宝しました!ママが入浴している間、赤ちゃんを待たせるためにバウンサーに座らせて使用していました。ここに乗せてあげると自分の揺れでバウンサーもいい感じに揺れてくれるので、赤ちゃんがご機嫌になることが多かったんです。

もちろんお風呂の時以外にもかなり活躍してくれたので、あってよかったベビーグッズです。バウンサーといえばゆりかごのようになったものもありますが、上記に紹介したベビービョルンのバウンサーがおすすめです!軽くて持ち運びやすくて、赤ちゃんもご機嫌でした!

ベビーラック

ベビーラックは赤ちゃんをしっかりと固定できるところと、ベッドの位置を高くできるところが使い勝手の良い部分です。あるとママのお世話は楽になると思います。

自動に揺れてくれるバウンサーもあり、値段は高いけどあるといいかもしれません!適度な揺れで、そのまま眠ってくれることもあるんだとか・・。ちなみに私は自動のものは使ったことがないのですが、口コミを見る限りではなかなか良さそう。

ベビーラックもバウンサーのようにお風呂以外の食事・お掃除の時間などいろんな場面で活躍しますので、検討して見るといいと思います。

スイマーバ

スイマーバという浮き輪のような、赤ちゃんの首につけて泳がせておく商品もあります。ご機嫌になる赤ちゃんも多いようですが、泣いてしまう赤ちゃんもいるようなので、心地よさには個人差があるんですね。

公式サイトでは生後18ヶ月を超えてからの使用と書かれているのですが、装着の仕方の部分を見ると生後6ヶ月までの赤ちゃんへの装着の仕方が書かれていました。使用している方の意見を色々見ているとアゴ乗せ部分にしっかりとアゴが乗れば使えるということです。

ただしあくまでも赤ちゃんを待たせるグッズではありません。事故が起こらないとも限りませんので使用中は絶対に目を離してはいけません!

お風呂専用のグッズになりますが、値段的にも買いやすいですよね。さらに使う姿が最高に可愛いです。

バスチェア

バスチェアは長い間活躍してくれる超定番商品です。寝たきりの赤ちゃんには使えませんが、ある程度腰がすわる頃〜おすわりが出来るようになる頃には使えます。

お風呂内で待たせることができるようになれば、バスチェアに座らせておくことでシャンプーや石鹸を触ったりすることを防ぐことが可能ですし、思わぬ事故に繋がる危険性は低くなると思います。

まとめ

赤ちゃんをひとりでお風呂に入れる時の流れを改めてまとめます。

  1. お風呂上がりの段取り
  2. 赤ちゃんが待機している間ママが洗う
  3. 赤ちゃんをお風呂に入れ、洗う
  4. 赤ちゃんを拭き、服を着せる
  5. ママがきちんと着替える

お風呂は毎日のことです。大変なことやうまくいかないこともたくさんありますが、自分なりに一番うまく行く方法を見つけることができると楽になります。

便利グッズもどんどん取り入れながら、上手にお風呂タイムを乗り切りましょう。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.