結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

赤ちゃんの熱中症のサイン!症状を見逃さない&しっかり対策をしよう

投稿日:

夏

hisins30 / Pixabay

夏が来れば楽しいイベントがいっぱい。お祭りや、プールなどたくさんの経験ができる季節でもあります。ただ、夏に気になるのが熱中症。大人でも子供でも、熱中症にかかる可能性が十分あるため、赤ちゃんへの対策は必須です。

この記事では赤ちゃんの熱中症のサイン、症状、そして熱中症対策方法、そして大人と子供の違いについてお話していきます。暑い夏を安全に乗り切るために、ぜひ参考にしてくださいね!

赤ちゃんの熱中症のサイン

夏

poperopop / Pixabay

夏のお出かけで気になることといえば熱中症です。最近はニュースでも熱中症についてはよく伝えられています。それだけ重症化してしまうと危険なものであり、日常的に起こり得るものということ。

赤ちゃんは言葉が話せません。さらに、大人よりも熱中症になりやすいと言われています。症状を訴えることのできない赤ちゃんの熱中症を見つけるために、次の「熱中症のサイン」を知り、出ていないかをしっかりみておく必要があります。

赤ちゃんの熱中症のサイン

  • 赤ちゃんの頬が赤くないか
  • 触ると熱いかどうか
  • いつもより元気があるかないか
  • ぐったりしていないかどうか
  • 唇が乾燥していないかどうか

いつも赤ちゃんと一緒にいて、様子を見ているママなら、いつもと違うかも?と疑問を感じたらすでにいつも通りではないということです。上記のサインを見て似たような症状があると思ったら、

  • 水分の取り具合
  • 尿の量

も見てください。熱中症になっていると喉が乾いているため、母乳やミルク、水分を摂る量がいつも以上に多くなることがあります。そして摂取しているにも関わらず、尿の量が少ないことも熱中症の症状になります。

このような熱中症の症状が見受けられたら、すぐに涼しい場所へ移動し、衣服を脱がせ体温を下げるようにしてください。タオルに巻いたアイスノンなどをリンパが集まるうなじ部分などに数分当てれば、体温が落ち着きます。なければ濡らしたタオルでもいいです。そして、十分な水分補給をさせましょう。

この処置はあくまでも応急処置的なものなので、少しでもいつもと違うことがあると感じたり不安が残るのであれば病院に行くようにしてくださいね。

熱中症の症状

赤ちゃん

PublicCo / Pixabay

また、次のような症状が出た場合は熱中症の症状が出ている可能性があります。

  • 体温が高い
  • 熱性けいれん
  • 水分を取ろうとしない
  • 意識がない
  • 反応がない
  • 嘔吐
  • 汗が止まらない
  • 逆に汗が全くでない

このような症状が見られた場合は、病院にすぐ連れていきましょう。熱中症は、最悪の場合死に至るケースもあります。ただの疲れだろうなど自己判断は危険。赤ちゃんの場合は特にです。

自分自身、ものすごく天気のいい日に子供のプールに付き合ったあとや、夏のお祭りの手伝いの後などに嘔吐で苦しんだ経験が何度かあります・・。

大人で、水分もとってるつもりでも症状が出てしまいます。赤ちゃんの熱中症のサインをしっかり見つけてあげること、そしてしっかり対策を取ることが大切。次は赤ちゃんへの熱中症予防対策の方法をお伝えします!

赤ちゃんへの熱中症対策の方法

赤ちゃん

Pexels / Pixabay

つい先日の話なんですが、会社のスポーツイベントで男性社員が突然嘔吐。日陰で休ませしばらく様子を見ていたけど、ぐったりした様子が続いたので念のため救急車を呼んだところ、「もう少し遅かったら危なかった」と言われたということ!

私は直接見ていませんでしたが身近でこんなこともあったので、やはり熱中症は軽く考えてはいけないなと感じた出来事でした。

熱中症にならないために、お出かけ前はしっかりと対策をしましょう。赤ちゃんの熱中症対策に必要な持ち物をご紹介します!

赤ちゃん熱中症対策持ち物

赤ちゃんとの夏のお出かけには次のものを必ず携帯するようにしましょう!

  • 十分な量の水分
  • 着替え
  • ひんやりシートや保冷剤
  • タオル
  • 携帯電話

まず大切なことは十分な水分補給が出来ること。暑い日には多めの水分を持参し、子供が欲しがらなくとも定期的に飲ませるようにしましょう。

そして赤ちゃんはベビーカーに乗っていたり抱っこをされていることが多いと思います。そうするとどうしても熱がこもりがち。適度に体制を変えたり、赤ちゃんの背中が当たる場所にひんやりシートをひいたり、涼しい場所で休憩をするようにして熱がこもらないようにしてください。

服がぴったりしているものや、発汗素材ではないものは体温が上昇しやすいので、風通しの良い形のものに変えたり、風の中の空気を入れ替えたりして体温の上昇を少しでも抑えるようにしましょう。

また、移動の際は直射日光に浴び続けることなく、日陰で適宜休憩をとりましょう。

携帯電話は急に症状が変わった時に救急車を呼ぶ際に必要です。お出かけの際は携帯電話も常に持っておくようにしておくと安心です。

また、私が積極的に行っていたことは、要冷凍の商品を買った時に付いてくる保冷剤を何個かタオルに巻いて持参し、子供の首に巻いていました。ひんやり常に冷たいので、子供の機嫌も悪くなりにくかったです。

 

・・・・・・

これらのようなグッズをお出かけ前に準備をしっかりしておくことで、熱中症対策をすることができます。

そして、日常的にしっかりと栄養をとる、休息をとる、睡眠をとるなどの体づくりも熱中症にならないための重要な項目です。熱中症になってからでは遅いので、予防を常に心がけてお出かけするようにしましょう。

赤ちゃんと大人の違いはあるの?

akachann

FlavioGaudencio / Pixabay

赤ちゃんの熱中症の症状は基本的に大人と違いはありません。ただし、熱中症の症状が出た時、進行が赤ちゃんのほうが早いため、適切で迅速な対応を行うようにしなければなりません。

上記にご紹介した通り、母乳や飲料水をいつも以上に欲しがるというポイントや唇が乾燥しているという点も見逃せない症状です。大人に比べて赤ちゃんの唇には水分保有量が多いため潤っていることがほとんど。唇が乾燥しているということは水分量が足りないということです。

そして、ママが確認しやすいおしっこの色にも注目してください。赤ちゃんが口にするものは限られていますし、その状態でおしっこが極端に黄色い場合は水分が減ってきている証拠です。

まとめ

暑い夏には熱中症という危険は潜んでいますが、たくさんの楽しいことも経験できる季節です。ママが赤ちゃんの熱中症のサインを知り、しっかりと対策をしてお出かけすれば、ママも赤ちゃんもきっと楽しい1日になることでしょう。

また無理をせず、何か異変を感じたら落ち着いて応急処置を行い、必要であれば病院へ行くようにしてください。赤ちゃんの様子を確認しましょう。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.