結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

保育園・幼稚園

4歳でベビーカーってどう?必要な場面とまわりの目、やめどきはいつ?

更新日:

ベビーカー

Antranias / Pixabay

子育てを経験してからわかったことが私自身たくさんあります。その中の一つがベビーカー事情。いつまでベビーカーに乗るか・・という問題です。

4歳くらいの少し大きめの子をベビーカーに乗せていると周りの目が気になるというママがいたり、大きくなってベビーカーに乗せるのってどうなの?という人もいたり。

私自身は、子供が年子なこともあって2台ベビーカーを押すことはできないし、車も使うし早く歩かせようとしていたので気にしたことはなかったけど、ママによってはそういう悩みもあるのか・・と気づきました。

ご近所ママたちにも話を聞いたりして、少し赤ちゃんっぽさが抜けた幼稚園年中さんくらい・・4歳のベビーカーは必要かについて考えて見ました。

4歳児のベビーカーってどう?
必要な時もあるのが本音

4歳

Greyerbaby / Pixabay

幼稚園に入る4歳くらいになると、そこそこ体も大きくなってくるので、ベビーカーに乗ってる姿そのものが違和感があるという意見もあります。大きいのにベビーカーに乗せて・・なんて直接知らない人に言われたママもいます。

確かに長時間歩く力も出てくるし、小学生に向けて歩くことを練習させておかなくてはいけない年齢になってはきています。体力もつけさせたいですし、見た目も赤ちゃんじゃなくなってきているから恥ずかしさも出てきます。

さらに、安全に配慮した歩き方を教えるべきだし、動いてはいけないところで動かないようにする訓練も必要だと思います。私も、二人の子供がしっかり歩いてくれることを望んでいたので、早くからできるだけ歩かせようとしてきました。

そんないろんな意味を含めて、4歳くらいの子供がベビーカーに乗っているといろんな意見が出ます。だけど、まだまだ小さい子供。使っていても使っていなくてもママとしては、4歳でもベビーカーは必要な時もある・・というのが一番適切な答えになるのではないでしょうか。

4歳のベビーカーについては、時と場合によって使い分ける必要があると思います。いつも、いつまででもベビーカーに乗っていると、必要なしつけや体力をつけさせることはできません。でもベビーカーに乗った方がスムーズに行く時だってあります。

4歳あたりの年齢でベビーカーを使うならメリハリをつけるべきです。

いろんなママの意見を聞いて、こんな時は4歳でもベビーカーが必要だと思う!というものをまとめました。使った方がいろんなことがうまく行く時は、まだ素直に使えばいいのではないかとおもいます。必要ではない時に、ベビーカーを使わない練習もしましょうね。

昼寝しちゃう

一日中お出かけする時もありますよね。そんな時は途中で昼寝をしちゃうと思います。特に保育園児は昼寝を毎日してるので、お昼ご飯の後は寝てしまう、もしくは寝れない場合はグズグズ言い始める子もいます。

お出かけ中に子供がグズグズいうと、ママもしんどいですが子供自身もきっとしんどい。そうなってしまうとお出かけそのものが良いものになりません。

年齢的にも体力的にも一日中歩き回ることはできないなと感じるなら、ベビーカーを持っておいて必要な時には乗せることができるように準備をしておくとスムーズです。

ただしそこそこ大きくなってきているので、歩くべきところは歩かせるようにママが上手に持っていきましょう。

「たくさんお花があるね。近くで見たいからあそこまでお花を見ながら歩こう」

「お荷物が重いから、ベビーカーに乗せて運ぶね。」

「ベビーカーをママと一緒に運んでくれる?」

何か提案すると、4歳の子は喜んでくれることも多いですよ!

ディズニーランドやUSJなどテーマパーク

子供が楽しんでくれると良いな・・という思いで行くけど、途中で遊び疲れちゃうのもテーマパーク。そんな時もベビーカーがあれば便利な時もあります。子供が使わない時は荷物がある程度重くても運ぶのに便利だし、子供の昼寝にも使えます。

料金はいるけど貸出も可能なので、ベビーカーそのものが邪魔になるかも・・など迷ってる時は借りるという選択もありです!ただし、4歳になるとベビーカーの体重制限に引っかかってくるころ。

ディズニーの場合

15キロくらいまでのベビーカー

料金は必要だけど同日なら再度貸出可能

USJの場合

4歳以上はレンタル不可

 

となっています。テーマパークにより状況は変わってくるので、事前に問い合わせてみましょう。子供の年齢や体型によって持って行く必要があるかもしれません。

旅行・遠出

海外など行くと、知らない土地を巡るので道に迷いがち。そして旅行はいろんな場所を凝縮して巡るので1日に歩く距離も長くなります。4歳の子供がいるならそれなりの観光の仕方もあるとは思いますが、やはりベビーカーを持っていると安心です。

旅先では借りることができるかどうかわからないので、持って行く方ことを選ぶという意見が多かったです。

かなり危ない道路の時

子供が一人でも安全に歩行できるようになるため、4歳ごろになるとそろそろ練習をしておきたい年齢です。やはり実際に歩いて、危ないところを教えたい。でも子供は突然予想もつかない行動をすることもあります。

道路そのものがとても危険な場合は、ベビーカーを使った方が安全なこともあります。通行する道路によってもベビーカーを使用するかどうかを見極めましょう。

 

・・・・・・・

4歳ならバギータイプのものが使えます。軽量で持ち運びがしやすいのでおすすめ。折りたたみも簡単で安く変えるので手軽です。

ただ、小さい頃から慣れ親しんだベビーカーのやめどきが、ママにとっても子供にとってもわかりにくいものです。次はベビーカーのやめどきについてお話ししますね。

4歳・・ベビーカーのやめどきとは

4歳でベビーカーを卒業

jarmoluk / Pixabay

4歳頃は、上記でお伝えしたようなベビーカーが必要な時もあります。メリハリを大切にして、乗る乗らないを判断するのは親の役目。これを忘れないようにしましょう。そして、次に考えるべきはベビーカーをいつやめるのか。

やめどきについて考えてみました。

自分で嫌がる時はやめどき

案外、本人が恥ずかしさを感じるようになり、ベビーカーを嫌がるようになることも珍しくありません。

まだまだ小さいので、ベビーカーにはもう乗らない!と言ってみたり、乗りたい!と言ってみたり、気持ちは気分によって変わると思います。だけど、子供本人が乗らないと言った時、ママも子供と向き合って話をしてみましょう。

もう途中で乗りたいと言っても持っていかないから乗れないよ?と一度納得させておき、近場からベビーカーなしの生活を練習しましょう。

話しあう

自分でベビーカーに乗らないと言い出すことはなくても、こちらから提案するのも手です。本人は乗りたくても、歩く練習も必要なこと、小学校に入ると学校まで登校したり遠足があることなどを話し、納得させましょう。

もう言葉で理解することもできる年齢だから、話し合うことはお互いにとってとても有効な手段だと考えます。

場所による

まずは場所によって変える方法もあります。ご近所のスーパーなどにはもう乗らないと決めたり、旅行や特別な時にだけベビーカーを使うようにしたり、と場所によってメリハリをまずつけるのはオススメです。

ベビーカーを使う場所はこんな理由があるから乗るんだよ、ということを伝えましょう。

三輪車や自転車に興味を持ち始めたら

そろそろ三輪車や自転車などにも興味を持ち始めると思います。そんな時はベビーカーの卒業を考え始めましょう。

子供にとってもうベビーカーは魅力的ではなくなっているはずです。

まとめ

4歳ごろになっても、ベビーカーはまだまだ重宝する機会はありますし、もし身体的な障害がある場合は必要なものです。

まわりの目やいろんな思いがありますが、必要な時には使う、メリハリをつける、ベビーカーでは教えられないことを教える時間を持つ、などきちんと工夫をしながら使えば問題ありません。

それぞれの家庭で、自分たちに合ったベビーカーの使用方法を考えるようにしましょう。

-保育園・幼稚園

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.