結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

保育園・幼稚園

3歳!トイレトレーニングが進まない時にしたい事とタイミング。

投稿日:

トイレトレーニング

トイレトレーニングは、いつかは行うべきしつけの一つです。3歳になった頃というと、周りの子供が一人でトイレに行き出す時期です。トイレトレーニングをしてるのに進まない場合、それをみると焦ってしまいますよね。

この記事では3歳になった子供のトイレトレーニングが進まない時の方法をご紹介します。日中と夜間のトレーニングについて、トイレトレーニングのタイミングについても合わせてお伝えします。ぜひ参考にしてもらえたらと思います!

3歳のトイレトレーニングが
なかなか進まない時は

後ろ姿

トイレトレーニングを行うには様々な方法がありますが、まずトレーニングの前に本人のトイレに対する関心やトイレをする意欲を駆り立てる必要があります。

大げさでもいいので、トイレを使うとこんなに良い面があると、プラスな説明を子供にどんどん伝えましょう。オムツよりもパンツの方がお姉ちゃんだね、お兄ちゃんだね、と褒めることも重要。

ここの意識がうまくできていると、あっけない感じで成功する可能性があります。あくまでも、脅迫的なものではなく、プラスの面を伝える、という感じで伝えてくださいね。

そしてトイレトレーニングのタイミングについては後述しますが、トイレのペースはお子さんに合わせることを基本としましょう。あまり無理強いすると逆効果になる場合もあります。自発的にトイレに行くまで待つ戦略もありだと考えてください。

と言っても、だいたい2歳半くらいにトイレトレーニングに成功し、おむつが取れる子がどんどん出て来ます。待っていていつまでもトイレでおしっこさえしたがらない状況が続いて3歳になってしまった・・と焦る気持ちもありますよね。

実際きちんとおむつが取れると育児は楽になります。そうなるまでには今ちょっとした苦労があるかもしれませんが、少し次に紹介する方法を焦らず試してみてください。

排泄リズムを知る

まずはママがいつ排泄をするのかと言うリズムを知ることから始めましょう。どれくらいの間隔があるか、時間のタイミングはどうか・・など子供のトイレについて調べて見てください!

その子なりの排泄時間がわかると、トイレに誘いやすくなります。トイレに行こうと誘っても、本当に行きたくない時間ばかり誘っても成功しません。初めは行きたい時にタイミングよく、ができるかどうかもトイレトレーニング成功までの期間を決めるのに重要なことです。

親と一緒にトイレに行く

まずは興味を持たせるために、トイレに一緒に行ってみましょう。じっと見られるとちょっと恥ずかしい気もしますが(笑)、しっかり大人がトイレでおしっこする姿を見せてあげることは気持ちを高めるためには有効です。

私もよく使っていた戦法です!お兄ちゃん・お姉ちゃんになることを意識させてあげましょう。

同世代の子供に誘ってもらう

3歳になると周りにトイレで排泄する子供たちが増えてきます。お友達と行くように声をかけてみましょう。もし逆に恥ずかしがったり行きたがらない時は無理に行かせないようにし、テンションをあげてくれたらそのまま様子を見てください。

うまく行けば、同世代のお友達からいい刺激をもらえることになりますよ!

トイレの中にシールを貼る

男の子限定ですが、トイレの中に貼るおしっこ命中シールも効果的です。トイレの中にシールが貼ってあるだけでもちょっと興味が湧きますよね。下記の命中くんは、本来トイレ掃除を軽減するための商品なんですが、ここにおしっこを・・というとトイレでしやすくなります。

シンプルなデザインを選べば、お父さんもついつい命中させてしまうかもしれません・・(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

命中くん 的/(1シート10枚付)
価格:453円(税込、送料別) (2017/6/12時点)

補助便座を一緒に買いに行く

トイレトレーニングの意識づけのために、トイレ用品を一緒に買いに行くのはとても有効です!補助便座を「◯◯ちゃん専用のトイレだよ」と言いながら買ってあげましょう。

かっこいいパンツを買う

これも上記と同じように子供の意識づけのために一緒に買いたいものです。パンツはお姉ちゃんやお兄ちゃになった証!デザインも好きなのを選んであげましょう。

パンツに憧れてくれたら、もうトイレトレーニングは成功に近づいてます!

褒めちぎる

やはり基本は「褒める」です。3歳時は褒められてどんどん伸びる年齢です。

トイレに入れたこと、トイレの便座に座れたことなど、些細な事を褒めて、トイレで用を足す事ができるまで促していきましょう。

リビングに置いてみる

トイレに入るのが怖いという場合もあります。家の中で、いつも行かない場所であり狭い空間なのがトイレ。怖がるのも無理ないと思います。

ではトイレにこだわらずにトレーニングさせてあげましょう。おまるでもいいし、洗面器でも構いません。部屋の一角に置いてあげ、説明するとおしっこができるようになった子もよくいます。

恥ずかしがったり、部屋でできるようになったらトイレに誘ってみましょう!

ポッティーボーイにしてみる(男の子)

この商品、レビューがいいんですよ・・。私もこれから男の子のトイレトレーニングするなら、値段も買いやすいし、デザインがとても可愛いので購入したい商品です。

真ん中にくるくる回る歯車付きでおしっこをあてて見たい気持ちを高めることができる商品です。

声をかけ続ける

3歳なので、ママが言ってる伝えたい内容はきっと理解していると思います。自分で行けるように、声をかけ続けていればどこかの時点で自分からトイレに行きます。

小学生や中学生が自分でトイレに行けないということにはなっていませんよね。いつかおむつは取れるので、焦らずに待つのも一つの手だと思います。

私のお母さんが言ってたのですが、お母さんは全然トイレトレーニングはせず、のんびり構えていたら4歳前になったんだそうです。

一言、「もうおむつやめよか」と言うと、「わかったー」と言って1日かからずおむつが取れたそうです。あ、これ私のことです(笑)私は4歳前までおむつが取れていなかった張本人なのです!

日中と夜間のトイレトレーニングについて

やはりトイレトレーニングは日中から行います。日中は膀胱におしっこが溜まっていることを子供自身が感じるように出来ますし、パパやママがトイレに行かなくて良いか、数時間おきに声かけすることもできます。

まずは日中のトイレを成功させる確率を高めましょう。

夜間のトイレトレーニングはまだ出来ないことも多いと思います。身体の発達が3歳では未熟なことも多いのです。膀胱におしっこを貯める能力や、夜間に尿量を抑えるホルモン分泌量が未発達、おしっこに行きたいと眠りが浅くなり、目が覚める能力などが携わっていないため、自分の意思ではコントロールできません。

夜間のトイレについては、身体の機能が成熟するまで待つ必要があります。そのためおねしょをしても決して叱らず、お子様を追い詰めないようにしましょう。

夜間、おねしょをせずに朝を迎えられた時は、大いに褒めることが身体の機能を発達させる助けとなります。

 

トイレトレーニングを始めるタイミングについて

トイレ

子育てしているとママ友と話す機会もたくさんあると思います。そこで同じような年代の子供がトイレに行けるようになったと聞いてしまうと「うちの子遅いかも・・」とどうしても思ってしまうんですよね。

しかしトイレトレーニングは何歳から始めるべきと決まっているわけではありません。寝返りやあんよ、背が伸びるタイミングなどが赤ちゃんによって時期が違う通り、トイレトレーニングもその子によってタイミングは違ってきます。

もちろん3歳を超えてトイレができるようになる子もたくさんいます。遅いかも・・と考えすぎないでも大丈夫ですよ。先ほど伝えた通り、なんせ私はほぼ4歳だった訳ですし(笑)

まずは子供の個性をみて、トイレに誘う機会を待つのが一番と言うことは前提に心に留めておきましょう。その上で、一般的なトイレトレーニングを始める時期をお伝えしておきます。

歩ける

トイレに座って排泄する場合、少し高い便座にある程度の時間トイレに座った姿勢を保つため、足腰の筋肉は必要となります。しっかりと歩けるようになるとトイレに必要な筋力はついていると考えて良い頃です。

逆に、まだ歩けない時期にはトイレで排泄するのは難しい時期と言えます。

トイレの間隔

大きくなるにつれて膀胱も成長し、おしっこの間隔がだんだんとあいてくるようになります。おしっこの間隔が2時間くらいになったら身体の機能的にはトイレトレーニングを行える準備段階に入ったと言えます。

言葉の理解・意思表示

トイレに関する内容を言葉や動作で伝えられるかどうかも重要な点です。おしっこやウンチが出てからでもいいので、子供からママに伝えてくるようならトイレトレーニングを始めることができます。

また、もじもじ足を動かしていたりするのも、おしっこやウンチが出たことがわかっている場合が多いですよね

もし、3歳を過ぎてもトイレをしたいとお子さんが伝えてこないようであれば、トイレに何かしらの不安を感じている場合がありますので、一度お子さんをよく観察してみましょう。その内容がトイレトレーニングが進まない原因かもしれません。

そんな時はトイレが怖かったり、恥ずかしかったり、とその子なりの不安要素がわかると、原因を取り除いてあげることでトイレトレーニングは進んで行くこともあります。

まとめ

まず、3歳になってもトイレトレーニングが出来ていないからといって焦る必要はありません。タイミングを見計らい、ゆとりを持って接することができれば必ずオムツとさよならする日は近いうちに来ます。

周りの子とどうしても比べてしまいますが、ママは気長にそして焦らずお子さんに接していくことでスムーズにトイレトレーニングを行うことが出来ると思います。頑張りすぎず、頑張って行きましょう!

-保育園・幼稚園

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.