結婚後の<夫婦・妊活・妊娠・出産・育児>を満タンハッピーに

フルハピ

赤ちゃん

生後1ヶ月検診時体重の目安!増え方が気になる時はどこをチェック?

投稿日:

赤ちゃんの体重

esudroff / Pixabay

赤ちゃんを産み、退院や初めてのお家での育児。生後1ヶ月といえば毎日とにかく必死でおっぱい(ミルク)をあげ、オムツ替えや沐浴、十分に寝れない日々も少しづつなれてきた頃だと思います。

娘が生後1ヶ月の頃、私の場合は母乳育児をしたい気持ちとは裏腹に、出てるのか出てないのかわからない母乳を必死にあげていました。十分に飲めているのかわからない私が気になっていたのは、生後1ヶ月検診での体重のこと。

産院に入院している時は、授乳室でおっぱいを飲む前と飲んだ後に体重を計り、その体重の差で授乳量を見ていたと思います。私の母乳はほぼ出ていなかったので、体重もほぼ増えない。これで大丈夫か??と退院してからはとっても心配しました。

そんな経験もしたので、この記事では生後1ヶ月検診での体重の平均はどれくらいなのかをまとめました。私の子供の体重のデータを振り返りながら見ていきたいと思います。

生後1ヶ月検診の体重

平均体重

FeeLoona / Pixabay

生後1ヶ月検診頃の体重は男の子と女の子で若干の違いがあります。我が家には女の子と男の子の両方がいるので、実際に違いがあったと感じています。発育曲線を参考にした平均の目安はこちらです。

★生後1ヶ月検診時の体重の目安★

生後1ヶ月の男の子の体重・・3.3キロ〜5.2キロ

生後1ヶ月の女の子の体重・・3.1キロ〜4.8キロ

 

そして1日あたりの体重増加の目安もあります。生後1ヶ月検診といっても、ちょうど1ヶ月目でいけるとは限りませんよね。生後1ヶ月検診が生まれてから何日目か?で計算することができますよ。

★赤ちゃんの体重の増え方の目安★

赤ちゃんの体重は30gの増加/1日が一つの目安です。

 

発育曲線とは、赤ちゃんの発育具合をグラフにしたものです。あなたの母子手帳にも書かれているのではないでしょうか?横軸が年齢(月齢)で、縦軸は知りたいデータ(写真の場合は体重と身長)となります。パーセンタイル値を使って幅のある曲線が描かたグラフで、これに子供の記録を当てはめることで成長障害などがあった場合に早く発見できます。

オレンジの部分に赤ちゃんの体重が入っていれば、大きく平均からは外れていないということになります。

成長曲線

私の母子手帳から

当然生後1ヶ月といっても大きめの赤ちゃんや小さめの赤ちゃんがいます。検診でもいろんな大きさの赤ちゃんを見ることになると思います。この成長曲線のオレンジのどの部分に自分の赤ちゃんの体重が当てはまるのかで、大きめなのか小さめなのかもわかるようになります。

もし上記の「生後1ヶ月の体重の目安」から自分の赤ちゃんの体重が外れているようなら、生後1ヶ月検診で体重に関する不安を解消しましょう。保健師さんやお医者さんが不安にも答えてくれると思うので、体重のことだけではなく他にも不安があったら忘れてしまわないように疑問をメモ等に書き出していくといいですよ!

成長曲線や平均値だけではなく次は、私の子供たちの実際の生後1ヶ月検診の体重を見てもらおうと思います。

我が子の生後1ヶ月検診時の体重

メモ

freephotocc / Pixabay

私には3人の子供がいます。我が家の3人の体重はどんなかんじだったのか?も参考にしてほしいと思います!母子手帳を確認して改めて書き出してみました。1ヶ月検診の際に測った体重はこちらです。

  • 長女→3640g
  • 長男→3662g
  • 次女→3634g

 

母子手帳を見てびっくり。見事に3人の生後1ヶ月の体重は似てます!

赤ちゃんの体重は1日に30gの増加するのが一つの目安ですので、生まれた時の体重と上記の体重から1日あたりの体重の増加を計算してみると・・

  • 長女→1日あたり24.26g
  • 長男→1日あたり37.66g
  • 次女→1日あたり24.46g

 

よく見てみると、女の子は同じ増加具合なのに対して男の子はやはりちょっと増えかたが違うことがわかります。

長男は2500g台で生まれたので、一般的に見ても少し小さめ。だからうまれてからの体重増加が一番多いのかも知れません。でも男の子だから増え方も違うんだろうなと感じました。

 

そして長女と次女は2900g台で生まれました。1日30gに対しては24gほどしか増えてないので増え方としては少ない方かも知れません。これは私の母乳の出が悪かったせい?長女の時は母乳育児にこだわっていたので飲んでる量も少なかったかも知れません。次女の時は3人目ということと、産休中で保育所に行くことを想定してミルクも足していました。だけど生後1ヶ月までの体重の増え方は一緒だったとはびっくりです。

 

私自身生後1ヶ月ごろは体重のことをすごく心配していました。検診で何か言われるかも?なんて考えも頭をよぎりました。生まれたての時は色々思っていたけど、今3人の子供たちは問題なく育ってくれています。久しぶりに母子手帳を広げてこうしてデータ化してみるといろんなことを思い出し、とても興味深い内容でもありました。

私の子供の場合はこんな感じで体重は増えていっていますが、なかなか体重が増えなくて心配というママもいるかも知れません。

ここからは、生後1ヶ月まででどれくらい増えて入れば問題ないのか?逆に増えすぎはどうなのか?を順番に見ていきますね。

体重がなかなか増えない場合は?

体重が増えない

tung256 / Pixabay

母乳はあげてるうちに出るようになるから頑張って!と産婦人科の助産師さんからアドバイスをもらっていたので、完全母乳育児を目指しミルクを足さずに毎日頑張っていました。でもやっぱり体重のことは心配で・・母乳に自信が持てるようになったのは生後1ヶ月を過ぎる頃からでした。

毎日気にはしていた体重ですが、赤ちゃん用のスケールが家にはなかったから正確に測れず、不安なまま1ヶ月を過ごしました。私のようにスケールがない家も多いと思いますが、体重増加でいうと生後一ヶ月ごろまでに、

  • 一日あたり20g前後
  • だいたい1ヶ月で500gほど体重が増えてる

この2つをクリアして入ればOKということです。

 

生後1ヶ月ごろと言えば、お母さんの母乳の出方も、赤ちゃんの吸い方や欲しがり方も、それぞれ違います。ねんねが長かったり短かったりすることで授乳回数にも違いが出ます。体重にも違いがあって当然なのです。

生後1ヶ月ごろ体重が気になる場合にしたいチェックポイントもご紹介しておきますね。

  • 授乳の回数を確保して約3時間ごとに授乳をするよう意識する
  • 母乳の場合、一日10回ほどは飲ませるようにする
  • 尿の出具合を見る
  • 便の具合を見る
  • ぐったりしていないかを見る

あまりにも尿が出ないなどの場合は、赤ちゃんにとって必要最低限の水分が取れていない可能性もあります。脱水症状になるといけないので、お医者さんに相談しましょう。

また、赤ちゃんがぐったりしていて母乳やミルクが飲めない場合は病気が隠れてることもあります。その場合もお医者さんを受診しましょう。

一方で心配のない体重減少もあります。

生理的体重減少とは?

生後一ヶ月までに見られる体重の変化で、生理的体重減少というのがあります。

生理的体重減少とは、赤ちゃんは生まれてきた体重より一旦体重が減ることです。おっぱいやミルクを飲んでるはずなのに、生後4、5日たつと体の中の不要な物を出し、体重が5%ほど減るのです。

産院で授乳後、全然母乳が飲めていない状況で体重が減ったと知った時はちょっとショックだったことを思い出します。助産師さんに、生まれて少したつとみんな減るのよ〜って教えてもらってホッとしました。このような体重減少もあるということを覚えておきましょう!

逆に、体重が増えすぎているママにも心配はありますね。次は体重がたくさん増えている場合について見ていきます。

体重が増えすぎていると?

体重増えすぎ

hisins30 / Pixabay

私の場合は体重がうまく増えなくて心配していたのですが、たくさん体重が増えすぎるのも心配の一つですね。赤ちゃんは生まれたてからの数ヶ月間、見えない部分も見える部分もたくさん成長する時期です。

体重が増えすぎている時に見るポイントは

  • むくみ

です。太っていると思ったらむくんでいた、という場合が少なからずあります。むくみの場合は病気が隠れてる場合も。それ以外の場合、基本的には母乳は飲むだけ与えて大丈夫。ミルクの場合、過度の与えすぎはいけませんが、その時期に合わせた量をあげていればOKです。

 

生後1ヶ月ごろに体重の増加が心配な場合でも、生後半年ごろになると徐々に体重の増え方は緩やかになり、1歳頃くらいにみんなと一緒くらいの体重になるという場合が多くあります。1歳ごろまでは、「太っている」と意識しなくても大丈夫。メタボのような状態に赤ちゃんの場合はならないとされています。

編集後記

基本的には体重の増え方はその子の個性です。病気の場合を除いて、その子なりに成長している暖かく見守ることも大切なことです。

初めての出産の時、特に生後1ヶ月ごろまでの体重については心配になると思います。そのために生後1ヶ月検診はあるんだし、検診までにどうしても心配な時は、産院に電話したり、市の赤ちゃんサポートなどを利用して相談して見ることもお勧めします。

わからないことは相談しながら焦らず見守っていればすくすく成長してくれるはずです。

-赤ちゃん

Copyright© フルハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.